藤沢版 掲載号:2017年7月28日号 エリアトップへ

市商連 ヒヤッと打ち水大作戦 子どもや浴衣美人も参加

経済

掲載号:2017年7月28日号

  • LINE
  • hatena
バケツで水を撒く児童
バケツで水を撒く児童

 暑い日が続く中、藤沢市商店会連合会(齋藤光久理事長)が買物客などに少しでも涼しい気分を味わってもらおうと、傘下の商店会で打ち水大作戦を行った。

児童が大はしゃぎ

 長後商店街協同組合(山村忠夫理事長)は7月20日、「あい・もーる」の愛称を持つ商店街で一斉に打ち水を行った。水は井戸の地下水を利用した。参加した長後小の児童約20人は、バケツの水を盛大に撒いて、大はしゃぎ。山村理事長が打ち水の効果を説明すると、児童たちは「涼しくなった」「明日もやりたい」と笑顔を見せていた。

歩道にひと時の涼

 湘南台商店連合会(最上重夫会長)では21日、湘南台駅西口の横浜信用金庫前から原谷公園までの約700メートルの両側歩道で打ち水を行った。

 同会ではこの日、大型のポリバケツ約20杯分の水を用意。同会のメンバーをはじめ、横浜信用金庫の職員らも参加して一斉に水を撒いた。勢いよく濡れていく歩道がひと時の涼を呼んでいた。最上会長は「少しでも涼しく買物をしてもらえれば」と話していた。

浴衣美人も参加

 藤沢駅周辺の商店街では22日、遊行の盆の浴衣コンテスト終了後に駅北口のサンパレット(さいか屋脇特殊街路)で打ち水を行った。

 サンパレットには浴衣コンテストの参加者や増田隆之藤沢商工会議所会頭、齋藤理事長らも顔を見せ、次々に水を撒いていった。涼しげな浴衣姿が撒く水は駅前に一陣の涼風を呼び込んでいた。

横浜信金職員も参加
横浜信金職員も参加
浴衣姿が涼しげ
浴衣姿が涼しげ

藤沢版のローカルニュース最新6

「分散避難」 考える契機に

「分散避難」 考える契機に 社会

デスク・レポート

12月4日号

「好奇心」原動力に漢検2級

「好奇心」原動力に漢検2級 教育

鵠沼小6年 菅沼君が合格

12月4日号

自宅で楽しむクリスマス

自宅で楽しむクリスマス 社会

あす5日 オンラインで

12月4日号

アニメで注目石川のドール会社

アニメで注目石川のドール会社 文化

アゾンインターナショナル

12月4日号

7日間で42人感染

ホテルでロボットがお迎え

ホテルでロボットがお迎え 社会

アユダの実証実験

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 12月4日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク