藤沢版 掲載号:2017年7月28日号
  • LINE
  • hatena

インドネシアで国際協力 高校生が文房具寄贈へ 貧困地域の子どもを支援

社会

寄贈する文房具を前に、ポシェットを手にする(前列左から)百瀬さん、戸井田さん、和賀井代表、安田さん。(後列は関係者)
寄贈する文房具を前に、ポシェットを手にする(前列左から)百瀬さん、戸井田さん、和賀井代表、安田さん。(後列は関係者)
 市民から寄付された文房具や支援金を、インドネシアの貧困地域の子どもたちに寄贈しようと、藤沢の高校生らが7月28日、市内のNGO「湘南とアジアの若者による未来創造事業実行委員会」とともに、インドネシアの首都ジャカルタに向けて出発する。東南アジアの学生を藤沢に招き、異文化交流などを推進する同NGOが主催する支援事業の一環で、生徒たちは8月4日まで、現地の学校訪問などを通じて交流活動にも取り組む。同NGOによると、現地での活動に高校生が参加するのは数年ぶり。

 インドネシアに向かうのは、市内在住の百瀬真弓さん(高2)、安田愛志さん(高1)、茅ヶ崎市在住の戸井田未遊さん(高2)。同会の和賀井稔代表が引率する。

 現地の子どもに寄贈する教科書の購入資金を募るため、生徒たちは6月、辻堂駅前で街頭募金を実施。3万2000円ほどが寄せられたという。また物資の提供も呼び掛け、六会中学などの生徒たちが文房具を提供。7月中旬までに段ボール3箱分が集まった。

 百瀬さんは出身校の明治中学の生徒らに依頼し、現地に提供するポシェット10袋を製作。22日には明治市民センターで、和賀井代表や市民数人とともに、寄贈された文房具をポシェットに詰める作業を行うなど、準備を進めてきた。

 百瀬さんは「初めてインドネシアに行く。アジアの貧困について学ぶ良い経験になると思い、参加した。現地の子どもたちに元気を届けたい」と意気込みを語った。

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

マーチングで全国大会へ

湘南台高と湘南ドルフィンズ

マーチングで全国大会へ

11月30日号

藤沢ゆかりの音楽家が訪問

「ワクチンで予防を」

5年間で財源不足584億円

藤沢市

5年間で財源不足584億円

11月30日号

山本容子の魅力存分に

ブロック塀 撤去に補助金

TOTO藤沢グランドオープン

TOTO藤沢ショールームが新築移転。12月1日から7日までオープニングフェア

https://showroom.toto.jp/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵本の音読楽しもう

絵本の音読楽しもう

白旗の有隣堂で

12月13日~12月13日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月30日号

お問い合わせ

外部リンク