藤沢版 掲載号:2018年3月2日号
  • googleplus
  • LINE

女子プロ野球 藤沢出身2選手、躍進誓う 3月21日からリーグ戦開幕

スポーツ

(左から)今井さん、佐々木さん
(左から)今井さん、佐々木さん
 3月から開幕する日本女子プロ野球リーグ(JWBL)に市内出身の今井志穂さん(22)と佐々木希さん(19)が出場する。2人は埼玉をホームにする「埼玉アストライア」に所属。佐々木さんは同チームで1年目、今井さんは5年目のシーズンを迎える。

 2人が所属するチームは創設から6年目を迎え、現在約20人が在籍し、年間で45試合ほどを行う。

 2014年に入団した今井さんのポジションはチームの司令塔でもある捕手。投手に的確なサインを送り、試合の流れを作る。低めの球を取るのが得意で、昨シーズンは失策もなく投手からの信頼も厚い。打者では右に左に安打を量産し、昨シーズンは打率3割を超えた。

 佐々木さんは昨シーズン、同リーグ内の育成チーム「レイア」に所属し、内野手を務めた。レイアでは1年を通して技術や体力、食事トレーニングを行い、ケガ防止のための身体づくりをしてきた。足を使った守備や状況に合わせた打撃、捕球後のコントロールが最大の武器。女子の遠投の平均は70mと言われる中、83mという飛距離を出す強肩を持つ。

 今井さんは「ピッチャーとコミュニケーションを取り、互いに理解し、ゲームの展開を作れたことがエラーゼロにつながった。バッターとしては、盗塁率があまり高くなかったので、成功率をあげていきたい」と振り返った。佐々木さんは「今後の課題は、苦手なバッティングと捕球の精度の向上。出塁率をあげるためにボールを見極める力もつけないといけない」と1年目の意気込みを語った。

同郷の後輩を支える先輩

 1月から同じチームで活動する2人だが、出会って数カ月とは思えないほど、仲が良い。実は同郷であることに加えて出身の高校も同じ。話しているうちに話に花が咲き、意気投合した。野球では佐々木さんが相談し、今井さんがアドバイスを送る間柄だが、ひとたび野球から離れると「高校の話で盛り上がるし、笑いのツボも同じ」と顔を見合わせる。

 小学生時代、今井さんは鵠南シーガルス、佐々木さんは村岡フェニックスに所属。チームでは2人ともキャプテンを務めた。今井さんは小学4年の春季大会で優勝したこと、佐々木さんは小学6年の秋季大会でサヨナラスリーベースがきっかけで野球にのめりこんだ。高校でも野球を続け「よりレベルの高いところでプレーしたい」という思いが生まれ、高校卒業後、プロの道を選び、現チームに入団した。

 チームの目標は「年間女王とリーグ戦1位の完全優勝」。今井さんは「ホームランを狙っていきたい」、佐々木さんは「新人賞を獲得したい」と目標を掲げ、2人は「ゴールデングラブ賞を獲得したい」と口をそろえた。

 リーグ戦は3月21日(水)から開幕し、ナゴヤドームで初戦を迎える。

藤沢版のトップニュース最新6件

大波に挑む半生、映画に

慶大SFCで実証実験

自動運転バス

慶大SFCで実証実験

6月15日号

再整備 年度内にも方針

藤沢市民会館

再整備 年度内にも方針

6月8日号

分庁舎にメダカ池

藤沢市役所

分庁舎にメダカ池

6月8日号

湘工大付菊池さん 初の頂点

県高校総体

湘工大付菊池さん 初の頂点

6月1日号

「元園児に見舞金を」

市立保育園アスベスト問題

「元園児に見舞金を」

6月1日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月15日号

お問い合わせ

外部リンク