藤沢版 掲載号:2018年3月16日号
  • LINE
  • hatena

小田急電鉄 学生と地域、つなぐ場に 湘南台駅前に共同住宅

社会

1階にオープンする「リラックス食堂 湘南台」
1階にオープンする「リラックス食堂 湘南台」

 小田急電鉄(本社/東京都新宿区)とグループ会社の「UDS」(同渋谷区)はきょう16日、学生向けの共同賃貸住宅「NODE GROWTH 湘南台」を湘南台駅前に開業する。同グループ不動産賃貸事業の新業態として展開するもので、学生寮としての機能に加えて食堂を一般開放するなどし、地域コミュニティーの新たな拠点づくりを目指すとしている。

食堂は一般利用も

 コンセプトは「コミュニティを育む学生レジデンス」。名称の「NODE」は結び目、「GROWTH」は成長を意味する。

 10階建て、家具付きワンルームで全158室。小田急江ノ島線など3線が乗り入れる湘南台駅東口から徒歩1分の好立地にある。同駅は慶応義塾大や文教大、フェリス大などの通学圏で学生利用も多い。

 最大の特長と位置付ける1階の「リラックス食堂 湘南台」は、管理栄養士が監修した手作りの料理を入居者に提供。4月2日のオープン以降、ランチ(午前11時30分〜)とカフェタイム(2時30分〜)は地域住民も利用もできる。ランチメニューは日替わりの定食などで一般は一律1100円(税込)を予定。

 食堂はコミュニティースペースとしての機能も併せ持っており、今後住民を交えたワークショップなども企画。産官学をつなぎながら、地域一体の学生レジデンスを目指すという。

 居住スペースは2階以上。スタンダード型のほか、キッチンやランドリーが共用のシェア型があり、入居者同士の交流促進も図る。小田急電鉄広報部によると、賃料は食事や光熱費、共益費込みでスタンダードが11万円台、シェア型が8万円台から。既に7割の入居が決まっているという。

 同社担当者は「学生主眼ではあるが、学生とまちという掛け合わせによって、新たな相乗効果が生まれることを期待している」と話した。
 

熊本馬刺しと純米酒 櫻

熊本県から仕入れた本格的な馬刺しをご賞味ください

https://sakura-fujisawa.gorp.jp/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6件

教育・福祉に重点配分

藤沢市予算案

教育・福祉に重点配分

2月15日号

ワンフロアに改札口

JR・小田急藤沢駅

ワンフロアに改札口

2月15日号

新商業施設 3月開業

小田急グループ

新商業施設 3月開業

2月8日号

高齢者向け「見直し」が最多

藤沢市行財政改革

高齢者向け「見直し」が最多

2月8日号

インフル猛威で警報

藤沢市

インフル猛威で警報

2月1日号

文化財の蔵、ベーカリーに

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月15日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高齢者の栄養を考える

高齢者の栄養を考える

3月3日に公開講座

3月3日~3月3日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク