藤沢版 掲載号:2018年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

VR使い認知症を体感 市職員ら当事者の不安実感

社会

ヘッドマウントディスプレイを使って体験する職員ら
ヘッドマウントディスプレイを使って体験する職員ら
 「手をつないでいても怖くて動けない」「食べろといわれても、あれは無理」――。

 認知症の人が見ている世界をVR(バーチャルリアリティ)機器を使って疑似体験する研修が8月24日、市役所で開かれた。市職員や福祉施設関係者らおよそ100人が参加し、自分たちの見ている景色との違いを実感した。

 体験した内容は、車から降りるだけなのに、まるで断崖に立たされているかのように見える「私をどうするのですか?」や、自分のいる場所がわからなくなる「ここはどこですか」、また見えないものが見えたり、見ているものが別のものに見えたりする「レビー小体病幻視編」。いずれも実際の認知症の人たちの監修などを受け作られた。

 体験した職員らからは驚きや困惑、怖さを感じたなどの声が数多く聞かれた。その後の話し合いでは「認知症の症状を頭で理解はしているが、ここまでとは思わなかった」「認知症の方が感じている不安や恐怖は本物。接し方を考えたい」などの声が上がっていた。

 このVRを使った認知症疑似体験は(株)シルバーウッド(東京都港区)が開発。研修講師を務めた代表の下河原忠道さんは「共感することで認知症があっても幸せな暮らしはできる」などと訴えた。

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ママ起業家秋のまつり

ママ起業家秋のまつり

さいか屋でイベント

9月22日~9月24日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク