藤沢版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

日本陸上選手権 クレイ選手が初制覇 男子800m 高校生で史上初

スポーツ

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena
自身の日本高校記録を更新して優勝したクレイ選手
自身の日本高校記録を更新して優勝したクレイ選手

 6月27日から30日まで博多の森陸上競技場(福岡県)で行われた日本陸上競技選手権大会で、相洋高校3年のクレイアーロン竜波選手=片瀬海岸在住=が男子800mで日本一に輝いた。自身が持つ日本高校記録を0秒92更新する1分46秒59をマーク。800mでの男子高校生優勝は大会史上初となる快挙だ。

 クレイ選手は大会初日の予選で、自身が持つ高校記録に迫る好タイムを出し、全体1位で通過。今大会きっての注目を集める中、危なげなく翌28日の決勝進出を果たした。

 決勝レースでは、大会7連覇を目指す川元奨選手(スズキ浜松AC)が先頭に立つと、序盤からぴたりと後ろについた。「とにかく川元さんの背中を見ながら。最後はゴールだけ見て腕を振るだけだった」とホームストレートへ。ラスト手前20mで王者を差し切ると、そのまま0秒19差をつけてトップで駆け抜けた。

 優勝タイム1分46秒59は、川元選手が大学時代に樹立したU20日本記録(1分46秒89)をも更新する堂々のタイム。今春の海外遠征で共に練習を積んだ日本記録保持者を制しての優勝に「一緒に走った他の選手がいなかったらこのタイムも結果も出ていなかったので、感謝している」。レース後、感謝の気持ちを伝えると「久しぶりに楽しいレースだったよって言われました」とはにかんだ。

高島選手は2位

 女子400mには同じく相洋高で石川在住の高島咲季選手(3年)=写真下=が出場。予選を突破し、クレイ選手が優勝を決めた直後の決勝レースに登場した。

 「思った以上に前半が速かった」と振り返る高島選手は、レースを引っ張るも最終盤に青山聖佳選手(大阪成蹊AC)にさされ、53秒68の同タイムでフィニッシュ。着差ありで2位に終わった。

 「最後足が止まる感覚があったのは初めて。一生懸命走ったのに、着差って…」と苦笑いしたが「足りない所を見直す機会になった」と清々しい表情もみせた。
 

ふじさわ湘南ロータリークラブ

藤沢の子どもたちの成長を応援します

https://fujisawa-shonan-rotary.org/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場を完全 昨年10月より実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

オンラインでピアノ競演

市内在勤高木さん

オンラインでピアノ競演 文化

全日本コンクールを企画

5月29日号

分散登校で週明け再開

藤沢市立小中学校

分散登校で週明け再開 教育

夏休みは2〜3週間に短縮

5月29日号

一部営業再開へ

テラスモール湘南

一部営業再開へ 経済

食物販中心に25日から

5月22日号

コロナ対策に459億円

コロナ対策に459億円 社会

藤沢市が補正予算

5月22日号

ネット申請受付始まる

特別定額給付金

ネット申請受付始まる 社会

郵送書類は月末から発送

5月15日号

「オンライン学習」推進へ

「オンライン学習」推進へ 教育

環境整備急務 課題も

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク