藤沢版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

日本陸上選手権 クレイ選手が初制覇 男子800m 高校生で史上初

スポーツ

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena
自身の日本高校記録を更新して優勝したクレイ選手
自身の日本高校記録を更新して優勝したクレイ選手

 6月27日から30日まで博多の森陸上競技場(福岡県)で行われた日本陸上競技選手権大会で、相洋高校3年のクレイアーロン竜波選手=片瀬海岸在住=が男子800mで日本一に輝いた。自身が持つ日本高校記録を0秒92更新する1分46秒59をマーク。800mでの男子高校生優勝は大会史上初となる快挙だ。

 クレイ選手は大会初日の予選で、自身が持つ高校記録に迫る好タイムを出し、全体1位で通過。今大会きっての注目を集める中、危なげなく翌28日の決勝進出を果たした。

 決勝レースでは、大会7連覇を目指す川元奨選手(スズキ浜松AC)が先頭に立つと、序盤からぴたりと後ろについた。「とにかく川元さんの背中を見ながら。最後はゴールだけ見て腕を振るだけだった」とホームストレートへ。ラスト手前20mで王者を差し切ると、そのまま0秒19差をつけてトップで駆け抜けた。

 優勝タイム1分46秒59は、川元選手が大学時代に樹立したU20日本記録(1分46秒89)をも更新する堂々のタイム。今春の海外遠征で共に練習を積んだ日本記録保持者を制しての優勝に「一緒に走った他の選手がいなかったらこのタイムも結果も出ていなかったので、感謝している」。レース後、感謝の気持ちを伝えると「久しぶりに楽しいレースだったよって言われました」とはにかんだ。

高島選手は2位

 女子400mには同じく相洋高で石川在住の高島咲季選手(3年)=写真下=が出場。予選を突破し、クレイ選手が優勝を決めた直後の決勝レースに登場した。

 「思った以上に前半が速かった」と振り返る高島選手は、レースを引っ張るも最終盤に青山聖佳選手(大阪成蹊AC)にさされ、53秒68の同タイムでフィニッシュ。着差ありで2位に終わった。

 「最後足が止まる感覚があったのは初めて。一生懸命走ったのに、着差って…」と苦笑いしたが「足りない所を見直す機会になった」と清々しい表情もみせた。
 

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

「競技かるた」で県代表

藤沢総合高平子君

「競技かるた」で県代表 文化

大舞台に向け意気込み

7月19日号

増税対策、家計支援へ

藤沢市

増税対策、家計支援へ 社会

10月にプレミアム付商品券

7月19日号

校舎など建て替えへ

鵠南小

校舎など建て替えへ 教育

保育所など2施設複合化

7月12日号

「支援必要」小中で3割超

「支援必要」小中で3割超 社会

市子育てアンケート調査

7月12日号

東西地下通路、改修へ

藤沢駅周辺再整備事業

東西地下通路、改修へ 社会

21年度中完成目指す

7月5日号

観光客数、1839万人に

観光客数、1839万人に 社会

過去最高水準に回復

6月28日号

湘南小田急住まいのプラザ

毎週開催!相続・家族信託・遺言など無料専門家相談

https://www.odakyu-fudosan.co.jp/support/plaza/store/shonan/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多様な学びを考える

多様な学びを考える

脳科学者 茂木さん講演

8月2日~8月2日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク