藤沢版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

古民家再生 地域の拠点に 有志らが交流の場づくり

文化

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena
古民家利用の可能性を語る原さん(上)とその建物
古民家利用の可能性を語る原さん(上)とその建物

 市内打戻にある古民家を再生し、地域コミュニティーの拠点にしようとする計画が進んでいる。長年、市北部のまちづくりに携わっている慶應大学SFC上席所員の原悠樹さん(34・片瀬在住)が中心となり、地域の有志と連携して地域活性化を目指している。将来は、シェアオフィスやイベントでの活用、教室や講座の会場など市北部の拠点にしたい考えだ。

 再生が計画されているのは、昨年まで「古民家食堂ごんばち」として利用されてきた築90余年の古民家。関東大震災の大正14、15年頃、小屋裏に養蚕室を備えた養蚕農家として建築され、戦時中に廃業した後は、所有者の母屋として利用されていた。その後、長らくは空き家となっていたが、2005年に貸し出され、古民家食堂として親しまれてきた。

 昨年、店じまいにともない、建物の取り壊しが決まっていたが、原さんが「御所見の特徴でもあり、歴史的価値がある建物を壊してしまってはもったいない」と、再利用の方法を模索してきた。

 最初は建物の移築なども考えたが、費用がかかりすぎると断念。今回、地元の有志らと話をするうちに、市北部には気軽に集える場所が少なく、「まずは、みんなにオープンな集える場所がほしい」と、水道や電気などの整備を進める運びに。最低限の費用は、クラウドファンディングで資金を募るという。

 協力者の一人で、遠藤でレストランを経営する里崇さんは「地元野菜の収穫体験や料理教室などで活用したい」、また湘南和ハーブの会の瓜田綾子代表は「緑豊かな北部の散策イベントや講座などを開いてみたい」と期待している。

 原さんは「地域の思い出が刻まれた古民家の価値は建物だけでない。新たな出会いを呼び込むツールになる。第一歩を踏み出したい」と話した。

 今後は、ホームページのほか、21日に湘南台公園で開かれるイベントや28・29日の藤沢市民まつりなどにブースを出展し、協力を募る予定。

ふじさわ湘南ロータリークラブ

藤沢の子どもたちの成長を応援します

https://fujisawa-shonan-rotary.org/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場を完全 昨年10月より実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

環境に配慮”おはこ”弁当

環境に配慮”おはこ”弁当 社会

市内4社が協力

5月29日号

テイクアウト情報チラシに

テイクアウト情報チラシに 社会

有志らが作成

5月29日号

家族そろって土いじり

ゲーム感覚でエクササイズ

地元応援チケット発売中

地元応援チケット発売中 社会

専用サイトも開設

5月29日号

図書館など一部再開へ

図書館など一部再開へ 社会

公共施設 1日から順次

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク