藤沢版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

神奈川県救急医療功労者表彰を受賞した医療法人社団村田会理事長を務める 村田 尚彦(たかひこ)さん 円行在住 61歳

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena

地域密着の医療を

 ○…1993年に村田内科外科クリニック(現・村田会湘南台内科クリニック)を開業して以来、地域の初期救急医療に貢献してきた。藤沢市医師会では、救急や休日診療所、災害医療の担当理事を歴任。長年の活動が評価された。「周囲の支えてくれた皆様に感謝。救急医療に尽力する先生方がたくさんいる中で光栄な賞」とほほえむ。この7月からは、新たに医師会の高齢者救急の長となり、救急医療整備に尽力する。

 ○…幼い頃病気をして連れていかれた病院で、親切に話を聞いてくれて処置をしてくれた医師に憧れ、医療の道を志した。クリニック設立当時から「365日いつでも必要とされれば診る」という人命に対する強い思いが根底にある。専門は呼吸器内科だが、外科の経験も持ち、病気やけがなど内容を問わず治療にあたってきた。「それが地域の初期救急医療の基本であり、その積み重ねが大切」。今でも使命感を胸に、救急医療に努めている。

 ○…中学・高校はテニス、大学6年間はラグビーに打ち込んだ。「医者は体力が大事。スポーツをやっていたおかげで体力には自信がある」と笑顔をのぞかせる。今でも毎朝自転車で通勤をしており、近所の人に話しかけられることもしばしば。その気さくな人柄は、地域住民や患者との距離も近く、頼れる存在だ。「災害時や緊急時、何か起こった時に、すぐ駆けつけられる距離に。いつでも地域の人と密接にないと開業した意味がない」

 ○…2人の娘を持つ父。長女は産婦人科医として活躍しており、「将来的には一緒にできたらいいな」と笑顔。来年7月には大庭に新病院を開院予定で「地域包括ケアシステムを構築のため、介護から医療までトータルでサポートし、皆さんが安心できる医療を提供していく」と意気込んだ。

藤沢版の人物風土記最新6

高木 實(みのる)さん

11月に発足した湘南シークロス商店会初代会長

高木 實(みのる)さん

鵠沼在住 83歳

12月6日号

金田 勝俊さん

生活と環境全国大会で一般廃棄物関係事業功労者に選ばれた

金田 勝俊さん

鵠沼神明在住 52歳

11月29日号

さとう さちこさん(本名:佐藤幸子)

認知症当事者や家族を音楽で支援する活動をしているシンガーソングライター

さとう さちこさん(本名:佐藤幸子)

本鵠沼在住 47歳

11月22日号

廣瀬 俊朗(としあき)さん

藤沢市が推進する「クールチョイス」に賛同し、普及啓発に協力するラグビー元日本代表主将の

廣瀬 俊朗(としあき)さん

藤沢市在住 38歳

11月15日号

古賀 太平洋さん

江の島で16日からキッチンカー「湘南しりもち」を始める餅つきパフォーマ―の

古賀 太平洋さん

宮前在住 36歳

11月8日号

寺田 しのぶさん

全国でも少ない仏画師で、今月鎌倉芸術館で仏画展を開催する

寺田 しのぶさん

城南在住 56歳

11月1日号

古徳 景子さん

メキシコ・チアパスの州立大学打楽器科で准教授として教鞭をとるマリンバ奏者

古徳 景子さん

大鋸在住

10月25日号

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク