藤沢版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

エルサルバドル共和国 五輪事前合宿へ3者協定 藤沢市 受け入れ歓迎

スポーツ

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena
協定締結後、記念品を手に記念撮影する(左から)浅羽義里副知事、鈴木市長、ラモス選手団長、セラヤンディア駐日大使
協定締結後、記念品を手に記念撮影する(左から)浅羽義里副知事、鈴木市長、ラモス選手団長、セラヤンディア駐日大使

 エルサルバドル共和国五輪委員会と藤沢市、県の3者は28日、同国選手団が事前合宿を実施するための協定を締結した。藤沢での五輪選手団受け入れは初。同国関係者は「大変感謝している。これを機に両国の友好が深まるきっかけにもなれば」と話している。

 エルサルバドル共和国は北米と南米をつなぐ地峡に位置する中米7カ国最小の国家。日本とは友好協力関係にある。

 締結に先立ち、鈴木恒夫市長は「市民を代表して歓迎する。シティキャスト(ボランティア)と連携しながらおもてなしを充実させたい」とあいさつ。シティキャストの玉那覇さやさん(31)も「選手団の皆さんが大会でベストを尽くせるよう、誠心誠意対応したい」と歓迎した。

 市は14年に国際貢献活動の一環として同国に消防車両2台を無償譲渡するなど、かねてから交流があった。フランシスコ・ラモス選手団長は「大変感謝している。期間中、藤沢の子どもたちと交流できる機会もあると思う。エルサルバドルの伝統文化も伝えられたら」、市内に在住していたこともあり、藤沢にゆかりの深いマルタ・リディア・セラヤンディア駐日大使は「自分にとって藤沢は第二の故郷。東京五輪が決まったときから、事前キャンプができることを夢見ていた」と謝辞を述べた。

 同国は陸上、競泳、セーリングなど計8種目に出場する見込み。約20人の選手団は7月1日に来日し、東京五輪が始まる14日まで県立スポーツセンター(善行)などを拠点に合宿を行う。

アクセントクロス専門店・ACS

2021年4月上旬オープン。先行予約受付中です!

https://accent-cloth.shop

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

「温室遺構」活用し再整備

江の島サムエル・コッキング苑

「温室遺構」活用し再整備 経済

日中の観光需要喚起へ

2月26日号

夜空彩るサプライズ

善行中

夜空彩るサプライズ 社会

卒業生へ保護者ら手向け

2月26日号

共生社会実現へ新遊具

共生社会実現へ新遊具 社会

秋葉台公園で3月供用開始

2月19日号

藤沢駅南口 再整備へ素案

藤沢駅南口 再整備へ素案 経済

歩道拡幅やデッキ改修想定

2月19日号

「村岡新駅」32年頃開業へ

「村岡新駅」32年頃開業へ 社会

藤沢─大船駅間 4者が合意

2月12日号

コロナ対策に17億円

藤沢市予算案

コロナ対策に17億円 社会

一般会計、過去最大規模に

2月12日号

絶品お取り寄せはじまる

地元で愛される韓国宮廷料理・焼肉ヨンドンの味が通販サイトから購入できます。

https://yongdong.raku-uru.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク