藤沢版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

日本建築学会北陸支部の北陸建築文化賞を受賞した設計事務所代表 梶浦 暁(さとる)さん 鵠沼橘在住 44歳

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena

建築はコミュニティー作り

 ○…日本酒で有名な新潟県の菊水酒造の工場リニューアルで受賞した。機能性に加え、働く人に誇りを持たせ、周囲の酒米田や農耕の神として愛される二王子岳など銘酒を生む自然との調和が高評価を獲得。今後はさらに庭園カフェや地域の名産品を販売する店舗を作り、地域文化の発信にも寄与する。「まだこれからです」と意気込む。

 ○…梶浦流の設計で特徴的なのは「全員一丸」。注文を受けるだけの一方的な仕事ではなく、施主はもちろん、社員、施工会社も交えて話し合い課題をクリアしていく。「立場の違いを知ることで目からウロコの価値観が生まれることも多い」と話す。その手法で地元住民と作った山形県遊佐町の市民センターはまちづくりの手本として書籍で紹介。さらにその功績が認められ同町の親善大使に任命された。

 ○…子どもの頃、父に連れられ文学者の記念館で屋根以外は地中にあるという設計に感動し、建築家を志す。大学卒業後、支持する仏の建築家の下で修業したいと突撃するが”撃沈”。帰国後、気づけば大工の棟梁の下で修業していた。きっかけは「駅でたまたま会った人で、建築の話になってダメ出しされて」。また就職した設計事務所では酒蔵づくりがわからず、今度は「酒造りを修業した」と笑う。この経験が今の立場の違いを受け入れる土台だ。

 ○…岐阜県生まれ。小中学校はサッカー、高校はテニス、大学ではアメフトに熱中。小学校ではサッカーがやりたいがために教師に直談判するなど子どものころから行動的。藤沢市へは妻の「子育てしやすいみたい」の一言で都内から。会社も立ち上げた。「建築はコミュニティー作り」がモットーの1つ。そんな温もり溢れる梶浦流が全国に広がりつつある。

藤沢版の人物風土記最新6

吉本 晴夫さん

ライオンズクラブ国際協会330-B地区のガバナーに就任した

吉本 晴夫さん

遠藤在住 72歳

7月3日号

梶浦 暁(さとる)さん

日本建築学会北陸支部の北陸建築文化賞を受賞した設計事務所代表

梶浦 暁(さとる)さん

鵠沼橘在住 44歳

6月26日号

西山 國正さん

JAさがみの代表理事組合長に就任した

西山 國正さん

石川在住 69歳

6月19日号

増田 隆一郎さん

「自粛は闘いだべ。」など話題になったフジサワ名店ビルの懸垂幕の仕掛け人

増田 隆一郎さん

鵠沼松が岡在住 44歳

6月12日号

石綿 真由美さん

神奈川県看護賞を受賞した

石綿 真由美さん

市内在勤 64歳

6月5日号

岩本 将宏さん

4月1日付で藤沢市の教育長に就任した

岩本 将宏さん

辻堂在住 60歳

5月29日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フランス人画家個展

フランス人画家個展

鵠沼海岸で19日まで

7月2日~7月19日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク