藤沢版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

孤立高齢者 ネットで交流 県モデル事業開始へ

コミュニティ社会

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスの影響で地域でのコミュニティー活動が制限される中、高齢者と外国人をオンライン上でつなげ、交流を促す取り組みが来月から市内で始まる。県の新しい生活様式に基づくモデル事業の一環で、シニア層を日本語の講師と位置付けることで社会との接点を持ってもらい、孤独や孤立の防止につなげる。

 事業は、(株)Helte(ヘルテ)(千葉県柏市)のインターネットサービス「Sail(セイル)」を使用。外国人がインターネットを通じて日本語を学習できるサービスで、現在94カ国、約9000人が登録している。

 今年度はテストも兼ね、活発的なシニアが多く参加している団体を中心に拠点を設定。「高齢者通いの場」や「市民活動推進センター」などでレクリエーションの1つとして導入を進める。現在、9月末から10月頭の開始を目指し、関係各所と調整を進めている。

会話を活力に

 市地域包括ケアシステム推進室はコロナ禍を受け、市内在住の介護保険を使っていない85歳以上の単身高齢者、約1200人の家を訪問し、健康状態や生活状況のヒアリングを実施。交流機会が減ったことに不安を吐露する人が多かったといい、「元々地域における孤立高齢者は課題だったが、集会所の閉鎖やイベントの中止が問題を助長している可能性がある」と分析。さらに「遠方の家族とも会えず、誰かと会話する機会自体がなくなった人も多い。認知機能の低下に影響が出始めている人もいる」として対処を急いでいた。

 県も、コロナウイルス感染拡大を防ぎつつ地域活動を進めるための取り組みとして、6月に「新しい生活様式におけるコミュニティ再生・活性化モデル事業」の募集を開始。市の打診を受け、協力企業として採択された同社との協力に至った。

 同社の後藤学代表は「語学学習は会話を重ねることが大切。外国語講師は青年層が中心だが、人生経験豊富な高齢者は自らの体験を語ることができ、異国文化の伝え手として向いている」と説明する。4年前に事業を開始し、国内の高齢者施設などで導入されているケースもあるという。

 同推進室は「高齢者にとって自身の経験を語ること自体も生きがい創出につながる」と期待を寄せた。
 

ユーミーらいふ藤沢店

湘南の賃貸取扱件数No.1 湘南エリアで賃貸物件をお探しならユーミーネットへ

https://www.shonanchintai.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

「介護のICT化」市が支援

「介護のICT化」市が支援 社会

業務効率化へ実証実験

8月12日号

開通時期、また白紙に

圏央道藤沢〜横浜間

開通時期、また白紙に 社会

施工方法に課題 工程見直し

8月12日号

食事必要な子へ100円弁当

食事必要な子へ100円弁当 社会

NPOと飲食店が連携

8月5日号

市域全体で観光周遊

藤沢市

市域全体で観光周遊 経済

MaaS基盤強化へ事業支援

8月5日号

まちの未来、本気で議論

湘南大庭地区

まちの未来、本気で議論 社会

課題解決へ子ども会議発足

7月29日号

産学連携 健康ビール誕生

産学連携 健康ビール誕生 社会

地元企業と日大、菊芋を活用

7月29日号

湘南国際アカデミー

藤沢市委託事業「入門的研修」申し込み受付中。受講料無料。

https://si-academy.jp/fujisawa_nyumon/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook