藤沢版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

地域包括ケア 「藤沢型」確立へ相談員 CSW全13地区に配置

社会

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena
湘南大庭地区の民生委員と意見交換する樋口さん(左)(=5日、湘南大庭市民センター)
湘南大庭地区の民生委員と意見交換する樋口さん(左)(=5日、湘南大庭市民センター)

 全国的な少子高齢化を背景に地域内で支え合う仕組み作りが急務となる中、藤沢市が独自の「藤沢型地域包括ケアシステム」の構築に取り組んでいる。その柱の一つとして、活躍を期待されるのが地域の様々な相談ごとを聞く「コミュニティソーシャルワーカー(CSW)」だ。市は今年度までに全13地区に配置。近年多様化する地域課題の解決に向けた新たな体制を目指している。

多様化する地域課題解決へ

 「庭の木に毛虫がいて、ご近所同士でトラブルになっているよう。どうしたらお互いが納得して解決できるかしら」

 5日、湘南大庭市民センターでCSWの樋口敬子さん(54)や民生委員らが意見交換した。

 市は2016年4月から段階的に各地区にCSWを配置。今年4月には藤沢と湘南台地区への配置が完了し、全13地区を網羅した。

 担い手は市の委託を受ける市社協の職員ら。いずれも有資格者で社会福祉士や保健士、教員免許取得者など様々だが、地域の相談事を汲み取り、行政に橋渡しをしたり、ボランティア同士をつなぐなど、解決に向けたコーディネーター役となるのが共通の役割だ。

支援の黒子役に

 設置の背景には、地域社会が抱える課題の多様化がある。地域包括ケアシステムは元々、高齢者が重度要介護状態になっても、住み慣れた地域で最期まで暮らせるようにする仕組みだが、樋口さんは「介護疲れやひきこもり、精神的な課題。近年は高齢者だけでなく全世代で複合的な問題を抱えている家庭が少なくない」と包括的な支援の必要性を説明する。

 湘南大庭地区民生委員児童委員協議会会長の森もと江さん(67)によると、大庭地区でも高齢化や子どもの増加から相談内容が多様化。「民生委員だけではどうしても限界がある。解決が難しいとき、CSWの存在はとても心強い」と話す。

 樋口さんは「CSWはあくまで黒子役で、地域で活動する人がいてこそ。課題を抱える人が孤独に陥らないよう、今後も皆さんと協力して取り組みたい」と話した。

 CSWは週に1度、各地区の市民センターなどで相談窓口を設置。相談は無料で、個別の電話相談や自宅への訪問なども受け付ける。問い合わせは市社協【電話】0466・47・8131へ。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

駅前をジャズ一色に

駅前をジャズ一色に 経済

来月イベント「元気届けたい」

10月23日号

鵠沼高校が悲願の初優勝

バスケ県秋季大会

鵠沼高校が悲願の初優勝 スポーツ

努力を積み重ね全国へ

10月23日号

都市構想、具体化へ前進

健康と文化の森地区

都市構想、具体化へ前進 社会

市街化区域編入へ準備会

10月16日号

「藤沢型」確立へ相談員

地域包括ケア

「藤沢型」確立へ相談員 社会

CSW全13地区に配置

10月16日号

江の島観光に追い風

Go Toトラベル

江の島観光に追い風 経済

宿泊利用「週末コロナ以前並み」

10月9日号

発熱患者対象に外来開設

市医師会

発熱患者対象に外来開設 社会

大庭の「北休日・夜間診療所」に

10月9日号

宅地分譲及び定期借地権付き分譲

【湘南ライフタウン】遠藤永山地区・大庭小糸地区・大庭小ヶ谷地区

https://www.fujisawa-kaikeiko.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク