藤沢版 掲載号:2020年10月30日号 エリアトップへ

プロ野球ドラフト会議 日藤・牧原選手3位指名 ソフトバンク入りへ

スポーツ

掲載号:2020年10月30日号

  • LINE
  • hatena
3位指名を受けガッツポーズをする牧原選手
3位指名を受けガッツポーズをする牧原選手

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が26日、東京都内で開かれ、日大藤沢高校の牧原巧汰選手(18)が福岡ソフトバンクホークスから3位指名を受けた。牧原選手は「プロの舞台で野球ができることが楽しみ。日本を代表する捕手になりたい」と喜びを語った。

 不安と楽しみが入り交じった運命の日。3年生のチームメイトと教室で指名を見守った牧原選手は「素直にうれしい。選ばれてほっとしている」とほほを緩めた。

 強肩強打を武器に、1年生からレギュラーとして試合に出場し、昨夏はリードオフマンとして県大会準優勝に貢献した。高校通算29本塁打の「打てる捕手」としてチームの柱を担ってきた。

 日本シリーズ3連覇中の常勝ソフトバンクから3位指名を受けたことは高い評価だ。しかも同年代の捕手で一番最初に名前を呼ばれたことで高校生ナンバーワン捕手という前評判を裏付けた。

 ソフトバンクの印象は「レギュラー争いが激しいチーム。施設が充実していて野球をする環境が整っている」。正捕手で日本代表の甲斐拓也選手については「ずっと憧れの選手で一緒に野球が出来るのが楽しみ」。プロで武器にしたいことは「打撃が売りなので、とにかくバッティングを鍛えてアピールしたい」と意気込んだ。

 会見後には、野球部のチームメイトに指名を報告。苦楽を共にしたチームメイトを前に少し照れくさそうに「活躍して、横浜スタジアムで皆に会えるようにがんばりたい」と抱負を語った。

「日本を代表する捕手に」

 日大藤沢高校へは「捕手として腕を磨きたい」と、社会人まで捕手としてプレーし、日ハムの黒羽根利規捕手らを育てた山本秀明監督を慕い入部した。配球や技術はもちろん、捕手として大切な気遣いや心構えを教えられたという。

 3年間で一番印象に残っているのは昨夏の県大会、準決勝の桐光学園戦。8回に2点本塁打を放ち5打数3安打でチームを決勝へ導いた。「自分が成長したと思えたゲームだった」という。

 大会を通じても打率3割7分、3本塁打、8打点の好成績を残し、これが全12球団のスカウトの目に留まった。

 幼い頃から夢見たプロ野球選手だったが、いざ進路を決める段階で、大学進学など選択に迷いもあったという。そんな時に山本監督の「挑戦してみろ」とかけられた言葉が後押しになった。

 目標は「日本を代表する捕手になること」。まずは長所の打撃から「ガツガツ練習していきたい」と意気込んでいる。

 山本監督は「バッティングは私が教えることは無い」と太鼓判を押しながらも、「捕手としてはまだまだ。捕球や送球、ブロックなど一つひとつプロの世界で精度を上げていってほしい」とエールを送った。

     ◇

 まきはら・こうた 相模原市出身、座間ボーイズ、日大藤沢高校。高校通算29本塁打の打撃力に加えて、二塁送球タイム1秒8台と強肩強打の捕手。176cm、右投げ左打ち。
 

藤沢版のトップニュース最新6

国登録文化財に市内3件

国登録文化財に市内3件 文化

「グリーンハウス」など答申

11月27日号

マニア心誘う逸品でPR

マニア心誘う逸品でPR 社会

ふるさと納税対策が奏功

11月27日号

「第3波」か 感染者急増

新型コロナ

「第3波」か 感染者急増 社会

ピーク時上回る勢い、市警戒

11月20日号

冬の観光「分散型」へ

藤沢市

冬の観光「分散型」へ 経済

期間や会場拡大で3密回避

11月20日号

“次世代型の移動”検証へ

“次世代型の移動”検証へ 経済

来年3月まで実証実験

11月13日号

広がれ「母乳バンク」の輪

広がれ「母乳バンク」の輪 社会

藤沢に県内唯一の登録施設

11月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク