藤沢版 掲載号:2021年1月29日号 エリアトップへ

藤沢市キッチンカー事業者連絡協議会の発起人で事務局長を務める 高橋 幸治さん 辻堂元町在勤 48歳

掲載号:2021年1月29日号

  • LINE
  • hatena

食で元気届けたい

 ○…洋食や中華、カフェメニューにスイーツ。人々が行き交う空間が、まるでフードコートのように様変わりする。市役所前広場でのキッチンカー営業はコロナ禍で限られる貴重な出店機会。緊急事態宣言の発令で一時中断するも、再開に胸をなでおろす。イベントの激減で苦境は続くが、テイクアウト需要など独自の強みもある。「時代に沿った形態。新たなビジネスチャンスを突き詰めていきたい」と意欲をにじませる。

 ○…辻堂元町で不動産業などを手掛ける(株)櫻井興業の飲食事業部長。管理職でありながら、自らも調理台に立つ行動派だ。3年ほど前、会社がキッチンカーを購入した時期が新庁舎竣工と重なった。真新しい建物に広々とした空間。「ここにキッチンカーが並んだら楽しいだろうな」。その足で市に掛け合うも、個別の案件には対応できないと相手にされず。そこで事業者仲間に声を掛け、協議会として組織化。広場を活用する実証実験への下地を作った。

 ○…元代議士秘書。それ以前も県会議員秘書など長年政治畑を歩んできた異色の経歴だ。飲食業のノウハウは秘書時代、兼業していた飲食店でのアルバイト経験から。日中勤務する傍ら夜もバーや洋食、ホテルなどを渡り歩いた。「若かったからできた。今じゃとても無理」と笑う。今もお客の喜ぶ顔が直接見れるのが、原動力のひとつだ。

 ○…同業者とグループを作ることで様々な需要に応えることができ、出店機会も増やせる。また移動先で温かい食事を提供することは、災害時、避難所などでも役立つはず。食を通じて仲間を、地域を元気にする。それが最大の目標だ。「食べることは生きること。コロナも乗り越えられる元気を届けていきたい」。そう言ってほほ笑んだ。

藤沢版の人物風土記最新6

アレクセイ・トカレフさん

23日の湘南台文化センター星空のコンサートで演奏するトランペット奏者

アレクセイ・トカレフさん

下土棚在住 57歳

10月15日号

平林 春芳さん

ゴルフの県アマチュア選手権で女子ミッドシニアの部で優勝した

平林 春芳さん

村岡東在住 63歳

10月8日号

山田 恵里さん

東京五輪ソフトボール女子日本代表の主将で、市民栄誉賞特別賞を受賞した

山田 恵里さん

用田出身 37歳

10月1日号

塩坂 信康さん

児童養護施設の子どもを支援する「湘南ドリームプロジェクト」の代表

塩坂 信康さん

鵠沼海岸在住 54歳

9月24日号

武本 匡弘さん

プロダイバーで40年来海中を撮影し続け、環境活動家として活動する

武本 匡弘さん

鵠沼石上在勤 66歳

9月17日号

里 崇さん

SDGsをテーマとしたマルシェを企画した実行委員会の委員長を務める

里 崇さん

遠藤在住 39歳

9月10日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook