藤沢版 掲載号:2021年6月11日号 エリアトップへ

湘南シラス 不漁深刻 過去5年で最低水準

社会

掲載号:2021年6月11日号

  • LINE
  • hatena
シラスの漁獲状況を説明する浜野さん。この日、釜揚げシラスは店頭に並ばなかった
シラスの漁獲状況を説明する浜野さん。この日、釜揚げシラスは店頭に並ばなかった

 相模湾でシラスの不漁が続いている。県水産技術センター(三浦市)が現在までに集計している3月の推定漁獲量は約7トンで、過去5年間最低の水準。10年間では2番目に低い。名産の湘南シラスが満足に提供できない状況に、藤沢の漁業者や飲食店関係者も気をもんでいる。

 「3月の禁漁明けからずっと悪い。例年の1割にも満たない」

 7日、浜野水産=片瀬海岸=の船頭・浜野展行さん(34)はこう漏らした。この日は2週間ぶりに20kgが獲れたが前日、前々日はゼロ。多くても2〜5kgの日が続き「船を出すと燃料費で赤字の日も」と肩を落とす。

 直売所には十数パックの生シラスを並べるが、釜揚げシラスの商品棚は空。大釜で茹でるほどの量がないためで、釜揚げできたのは今季10日にも満たないという。

 県内のシラス漁の期間は3月11日から12月末。同センターの標本船(東部・横須賀、中部・鎌倉、西部・平塚)の調査をもとにした、今年3月の県内の推定漁獲量は7トン。昨年同月は37トン、過去5年間の同月平均は27トンで、いずれも大きく下回る。

 「大磯から茅ヶ崎も低調で藤沢、鎌倉、特に逗子、三浦エリアは深刻」と同センター。原因は不明というが、一般論と前置きした上で「春シラスは黒潮に乗って湾外から回ってくる。何らかの原因で黒潮がシラスを相模湾に運んでこなかったのでは」と推測する。

飲食店も「心苦しい」

 「シラスを目当てに訪れる方に満足な量を提供できないのは心苦しい」。江の島など市内で4店舗を構える飲食店「とびっちょ」の広報担当・砂川裕也さん(37)は話す。漁獲量の影響を受けやすいが、来客数自体がコロナ禍で例年の7割程度に減少しているため、全く提供できない日は少ないという。それでも生シラスをふんだんに使ったメニューをオーダーストップにするなど制限をかける日もある。

 同センターが5月に調査船「江の島丸」で実施した調査によると、夏シラスとなる相模湾のカタクチイワシの卵の採取数は、昨年同時期の71・3倍、過去5年平均の13・1倍だった。「今後は相模湾生まれのシラスが増えていけば、漁獲量も改善するのでは」と期待している。

ユーミーらいふ藤沢店

湘南の賃貸取扱件数No.1 湘南エリアで賃貸物件をお探しならユーミーネットへ

https://www.shonanchintai.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

「市役所 無料で貸します」

藤沢市が「トライアル・サウンディング」

「市役所 無料で貸します」 社会

公共施設活用へ社会実験

7月1日号

若者参拝客をつかめ

遊行寺

若者参拝客をつかめ 社会

アニメやSNS活用しPR

7月1日号

黙食緩和は「時期尚早」

学校給食

黙食緩和は「時期尚早」 教育

飛沫感染防止を優先

6月24日号

藤沢勢2校が全国へ

県高校総体サッカー

藤沢勢2校が全国へ スポーツ

湘南工大付属は35年ぶり

6月24日号

利活用へ県が事業者募集

かながわ女性センター跡地

利活用へ県が事業者募集 社会

観光交流施設など想定

6月17日号

1泊5千円引き 市補助へ

限定の観光体験も

1泊5千円引き 市補助へ 経済

「宿泊型観光」推進へ新事業

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook