藤沢版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

市指定ごみ袋 植物由来素材に変更 値段変わらず来春から

社会

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena
ごみ袋を手にゼロカーボンをPRする市職員
ごみ袋を手にゼロカーボンをPRする市職員

 藤沢市は「可燃ごみ・不燃ごみ共通袋」の指定収集袋を、来春から植物由来のバイオマスプラスチック使用品に切り替える。7日の市議会定例会厚生環境常任委員会で発表した。

 焼却時に出る二酸化炭素抑制や化石燃料の使用量削減が目的。国が進めるゼロカーボン策に基づく環境対策事業の一環で、県内では鎌倉市や海老名市で導入している。新素材への切り替えにより、市は年間180tのカーボン削減を見込む。

 販売価格に変更はなく、従来品も引き続き使用可能。色は現在のピンク色を引き継ぐ。袋の厚さは従来の0・025mmから0・03mmに変更される。バイオマス素材での特殊加工が難しいため黄色の可燃専用袋は廃止となる。

 2022年1月に製造・保管・配送業務委託事業者を決定。4月から販売を予定している。
 

藤沢版のローカルニュース最新6

湘南台アートスクエア着工

湘南台アートスクエア着工 社会

来年3月に供用開始

10月22日号

社労士が無料相談

労災や保険、年金など

社労士が無料相談 社会

10月22日号

道の写真を再募集

道の写真を再募集 社会

緊急事態宣言解除受け

10月22日号

ラッピングバスでPR

国際RC2780地区

ラッピングバスでPR 社会

ポリオ根絶へ啓発活動

10月22日号

火災予防、ポスターで

火災予防、ポスターで 教育

11月運動週間に展示も

10月22日号

中世の江の島

文書館資料展

中世の江の島 文化

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook