藤沢版 掲載号:2021年11月12日号 エリアトップへ

介護美容で高齢者元気に 横須さん市と連携し体験会

社会

掲載号:2021年11月12日号

  • LINE
  • hatena
利用者の爪を塗る横須さん(左)
利用者の爪を塗る横須さん(左)

 いくつになっても美しく、自分らしく――。辻堂東海岸在住の横須亜希子さん(40)が、藤沢市の縁側事業と連携し、介護が必要な人にメイクなどを施す「介護美容」の技術を使った活動に取り組んでいる。自宅にこもりがちな高齢者や障害者におしゃれを通じて元気を届けようというもので、事業を推進する市も「高齢者の生きがい作りのきっかけになる」と期待を寄せている。

 5日、藤沢の地域交流サロン「地域の縁側 ゆくり庵」で開催された介護美容体験会。横須さんが利用者の小林みち子さん(73)の爪をやすりで整え、色を乗せていくと30分ほどかけて作業は完了。小林さんは「マニキュアなんて何十年ぶり。若返った気分」と表情をほころばせた。

 介護美容は、介護を必要とする高齢者や障害者らに対する美容技術。衛生面や健康維持に加え、「心の栄養」を生むとして介護の現場で導入するケースが増えている。国家資格などはないが、施術者は高齢者の体質や介護の知識などを学んで施術にあたる。

 横須さんは3人の子育ての傍らで、SNSで介護美容の存在を知り、都内の専門学校に入学。学ぶうちに高齢者の笑顔にやりがいを感じるようになったという。

 「最初は恥ずかしがる人が多いが、メイク中に皆みるみる表情が明るくなる。知名度は低いが、施設からリピートの声は多い」と横須さん。市内でイベントをしたいと市役所に相談に訪れ、体験会が実現した。

縁側事業に風を

 10月に開催された一回目の体験会は初日で予約満杯に。次回開催や他施設からの実施要望も多く「思った以上の反響に手応えを感じた」と横須さんは喜ぶ。

 事業を担当した市地域共生社会推進室は「世代問わない交流が縁側の理想形。横須さんのような新しい風が地域に元気を与えるきっかけになる」と期待を寄せた。

藤沢版のトップニュース最新6

学習端末で「いじめSOS」

学習端末で「いじめSOS」 教育

市立小中学校で試行運用

1月21日号

学級閉鎖や休園相次ぐ

学級閉鎖や休園相次ぐ 社会

感染急増「第6波」鮮明

1月21日号

密避け2年ぶり成人式

密避け2年ぶり成人式 社会

3部制、時間短縮「極力簡素に」

1月14日号

感染拡大 2週間で8倍

感染拡大 2週間で8倍 社会

「第6波の入り口」市警戒

1月14日号

「勝って世界に挑戦」

ボクシング森且貴選手

「勝って世界に挑戦」 スポーツ

初のタイトル戦へ決意

1月7日号

2市1町で連携協定

パートナーシップ宣誓制度

2市1町で連携協定 社会

転出時、一部手続き省略

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook