神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2021年12月10日 エリアトップへ

4者連携、障害者雇用にも 藍染め通じリユース促進

経済

公開:2021年12月10日

  • X
  • LINE
  • hatena
藍染めしたシャツなどをPRする関係者(上)と工程を説明する守谷さん(写真下・左)
藍染めしたシャツなどをPRする関係者(上)と工程を説明する守谷さん(写真下・左)

 日本古来の藍染めを使って、衣類のリユースやシティープロモーションにつなげる取り組みが藤沢市で始まった。「FUJISAWA BLUEHANDS PROJECT」と銘打ち、地元アパレルブランドや社会起業家など異業種4者が連携。障害者雇用の促進にもつなげていく考えだ。

 プロジェクトでは、市がシティープロモーションなどについて協定を結ぶ地元アパレルブランド「Lafayette(ラファイエット)」(鵠沼花沢町)が下地のシャツなどをデザイン。藍を使ったインテリア制作などを手がける「アートモリヤ」(大鋸)が染色技術を指導し、実際の染色作業は藤沢市資源循環組合で働く障害のある職員3人が担う。

 またプロジェクトに先だって焼肉店「ヨンドン」などを展開する「エムワイ」(横浜市神奈川区)が新たに出店する精肉店「肉屋喜平」の制服として90着を発注。この日お披露目された。

 袖を通した吉田亘良社長は「素晴らしい制服ができたと感謝している。汚れても染め直せるので、擦り切れるまで大事に使いたい」と話した。

 プロジェクトを発案したアートモリヤの守谷玲太さん(39)=人物風土記で紹介=は「ハンドクラフトの藍染めは一つひとつ出来が異なり、多様性を認め合うことに通ずる。伝統的な『ジャパンブルー』を通じて藤沢らしく認め合える社会が作れたら」と話した。

 当面は企業などから受注を受けての生産が主になるが、将来的な一般販売も視野に入れており、市はシティプロモーションの一環として活用していく考え。

藤沢版のローカルニュース最新6

クライムの楽しさ知って

クライムの楽しさ知って

秋葉台でボルダーカップ

4月16日

元横綱・鶴竜ら学校を訪問

元横綱・鶴竜ら学校を訪問

藤沢場所を前に特別授業

4月13日

20チームにボール寄贈

20チームにボール寄贈

藤沢RC創立70周年記念

4月12日

島内と周辺アート一色に

島内と周辺アート一色に

「江の島国際芸術祭」あすから

4月12日

独自視点で「都市近郊農業」

湘南佐藤農園(亀井野)

独自視点で「都市近郊農業」

事業承継後10年で売上10倍に

4月12日

秩父宮に戦いの熱気

秩父宮に戦いの熱気

格闘技大会盛況に

4月12日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook