藤沢版 掲載号:2022年5月13日号 エリアトップへ

ボランティア運営「片中カフェ」 「不登校でも大丈夫」

コミュニティ教育

掲載号:2022年5月13日号

  • LINE
  • hatena
心の相談室を間借りした「片中カフェ」(上)と開催時の様子(いずれも写真は提供)
心の相談室を間借りした「片中カフェ」(上)と開催時の様子(いずれも写真は提供)

 集団生活になじめなかったり、通学できずにいる不登校の子どもらに居場所として校内の一室を開放する取り組みが片瀬中学校で行われている。「片中カフェ」と銘打ち、月2日、PTA関係者から成るボランティアが運営。不登校の子を持つ親の相談場所も兼ねており、関係者らは「生徒、保護者にとって心の支えになる場所を目指したい」と話している。

 棚にはオセロやカードゲーム、畳の小上がりにはソファーが置かれ、開放中は誰でもがくつろげる。常駐するボランティアも、あいさつ程度で過度に干渉しないのが特徴だ。

 運営するのは、同校のPTA経験者ら。主に6人が持ち回りで月に2回、午前10時から午後3時まで部屋を開放する。

生徒・保護者 心の支えに

 背景には、全国的な不登校児童生徒の増加がある。藤沢市でも2019年度は696人だったが、翌20年度には756人に増加。不登校ではなくとも学校への行きづらさや居心地の悪さを感じる"予備軍"も一定数いるとみられ、各校で対応が課題になっている。

 こうした状況を踏まえ、県内の高校での取り組みを参考に、同校の「心の相談室」を間借りする形で昨年7月にスタート。不定期ながら開催を続け、昨年度は17回を数えた。

 実際、不登校とみられる生徒の利用は数人にとどまるが、「いざというとき逃げ込める場所があることが大切。先生以外にも頼れる場所があることが子どもたちの安心感につながるのでは」とボランティア代表の西永雄二さん(50)は指摘する。カフェは不登校の子どもを念頭に置いてはいるが、それ以外の誰でも受け入れるスタンスだ。

 一方、開催の意義と感じるのが保護者へのケアという。「子どもが不登校になったことで責任を感じ、自らを追い込んでしまうケースが少なくない。同じ保護者だからこそ話せることもあると思う」。今年3月に開催した相談会でもそうした悩みを目の当たりにした。

 学校側も保護者の参画を歓迎する。同校の湯山薫校長は「学校としても週2日、スクールカウンセラーを置いているが、悩みの受け皿がより広がる。また子どもたちにとっても多様な生き方を認めるきっかけになる」と期待する。

 西永さんは「ここで全てが解決できるわけではないが、学校生活や別の支援団体につなぐ架け橋になれたら」と話した。

藤沢版のローカルニュース最新6

週3日、秘密の駄菓子屋

辻堂新町在住、雨宮さん 「皆笑顔に」自宅開放し

週3日、秘密の駄菓子屋 社会

6月24日号

「ふじさわランチ」に舌鼓

「ふじさわランチ」に舌鼓 教育

市内36校で地産地消献立

6月24日号

高木さん叙勲祝う

高木さん叙勲祝う 社会

2年越しに関係者ら企画

6月24日号

司法書士に聞いてみよう

司法書士に聞いてみよう 社会

無料相談会

6月24日号

チェロ奏者 宮田さん公演

チェロ奏者 宮田さん公演 文化

30日、藤沢市民会館

6月24日号

マイスター募る

マイスター募る 社会

7月20日まで

6月24日号

ユーミーらいふ藤沢店

湘南の賃貸取扱件数No.1 湘南エリアで賃貸物件をお探しならユーミーネットへ

https://www.shonanchintai.com/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook