神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2023年12月22日 エリアトップへ

かこさとしさん 未発表原稿見つかる 「くらげのパポちゃん」

社会

公開:2023年12月22日

  • X
  • LINE
  • hatena
かこさとしさん(加古総合研究所提供)
かこさとしさん(加古総合研究所提供)

 「からすのパンやさん」などで知られる絵本作家・かこさとしさん(1926―2018)の未発表作品「くらげのパポちゃん」の原稿が片瀬山の自宅で発見され、このほど公表された。南の海で戦死した父を持つ子どものために、クラゲの主人公が冒険をするという物語。「戦争の醜さとパポちゃんの純粋さが対照的で、胸を打たれる作品」と長女の鈴木万里さん(66)は話す。

 今年から刊行されている「かこさとし童話集」(偕成社)の編集作業中、見たことのない14枚の原稿を鈴木さんが書庫で発見した。「戦争の悲惨さを知らない今の子どもたちの学びに役立てられるのではと感じた」という。

 戦争で父親を失った男の子・富吉の成長を、くらげの「パポちゃん」が南の海に沈む父親の甚吉に伝えに行くというあらすじ。「困っている人のためにすぐに行動するパポちゃんの姿にはハッとさせられる」と作品の魅力を語る。

背景に戦争体験

 本作が書かれたのは、1950年から55年までの5年間。かこさんが川崎市の工場で働きながら、地域生活を支援するセツルメント活動を行っていた時期と重なる。戦争で親を失った多くの子のため、紙芝居などを作り発表していた。「戦後10年ほどが経ち、復興の中で忘れられていく傷跡や、残された孤児たちについて父は常に考えていた」と鈴木さん。「当時の情報では、出征した兵士がいつどこで亡くなったかもわからない。工業地帯の海に浮かぶクラゲを眺めながら、遠くの地の戦没者に思いを馳せていたのでは」と推測する。「辛い現実を前に、自分にはできない夢のようなことを、父はファンタジーに託していた」

 同時期に書かれ、一昨年に発売された「秋」にも、自身の戦争体験が語られている。「今回の原稿も、書かれたのは50年9月から55年10月まで。毎年その時期になると、終戦の前年の秋に見た戦禍を思い出していた」と、かこさんの生涯に貫くテーマとの関連を説明する。

 「重たいテーマではあるが、残酷な描写などは少なく、楽しんで読める冒険譚となっている」と鈴木さん。今回の発見を受け、内容を知った人たちから多数の反響が寄せられたという。「皆さんが世に出してほしいと言ってくださっているのは本当にありがたいこと。今後何らかの方法で刊行できれば」と展望を語った。

発見されたかこさんの直筆原稿
発見されたかこさんの直筆原稿

藤沢版のトップニュース最新6

大型連休、人出前年並み

観光客数

大型連休、人出前年並み

混雑回避、分散化一因か

5月17日

藤沢勢がワンツーV

クライミングユース

藤沢勢がワンツーV

日本選手権で上位独占

5月17日

担い手確保に課題

自治会町内会

担い手確保に課題

デジタルや人材活用視野

5月10日

不要な学生服、必要な人に

不要な学生服、必要な人に

市役所内に「回収ボックス」

5月10日

水と緑の学び場へ

少年の森

水と緑の学び場へ

再整備基本方針を策定

5月3日

トンボロ歩いて「記念証」

藤沢探検隊

トンボロ歩いて「記念証」

児童発案、デジタルで限定発行

5月3日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook