鎌倉版 掲載号:2011年2月18日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉市2011年度当初予算案 市税収入ほぼ横ばい 厳しい財政状況の中 子育て・教育・福祉に重点

政治

 松尾崇鎌倉市長は今月9日の会見で、2011年度の予算案を発表した。一般会計は前年度当初比約15億円マイナスの約564億1千万円。10年度に市立第二中校舎の建替えや小中学校耐震化などを予算計上したことで、子ども手当支給分を含めても前年度より抑えた。市税収入は大幅な落ち込みを見せた10年度とほぼ横ばいで、厳しい財政状況に変わりはないようだ。

 特別会計を含む予算総額は、約1003億2千万円で前年度比約32億円減。6つの特別会計は、約439億1千万円で同約17億円減となった。

 松尾市長は、厳しい財政状況において、前年度に引き続き選挙公約に掲げた「子育て・教育・福祉」に関わる緊急性の高い事業を「可能な限り拡充した」と説明。また、11年度は3つの新たな取り組みをスタートするとして、新計画に基づく行革の更なる推進、長期的展望を担うシンクタンク「政策創造担当」の設置、公共施設を有効活用する「ファシリティーマネジメント」の構築を掲げた。

 これらは松尾市長が理想とする「持続可能な市政運営を実現する基盤となるもの」と説明した。

 一般会計の歳入を見ると、自主財源の柱となる市税は前年度とほぼ同じ。内訳は、法人が前年度比約1億7千万円、固定資産税約1億3千万円の増を見込む。その一方で、個人は約3億円、たばこ税約1億1千万円の減を見込む。滞納繰越分が同1億円ほど増える予想から前年度と同額とした。

 前年度は、当初見込みより予算に余裕が出たため、11年度に約18億8千万円を繰り入れる。市債発行は、前年度比の半額近い約22億9千万円で、09年度当初比でも、約12億3千万円減らす。

 歳出は、人件費が前年度比同様に全体の25%を占め約143億9千万円。福祉的経費の扶助費は約13億円増の約105億円を見込む。公共工事にかかる普通建設事業費は、大型事業が終了したことなどから、前年度比3割(約21億6千万円)減の約49億2千万円に。

仕分け効果5300万円

 事業仕分けで「不要」となった11事業については5事業を廃止とするなど、仕分けの削減効果として約5300万円を弾いた。

 主な新規事業は、保育ママの育成を行う「家庭的保育事業」や子宮頸がんなど3ワクチンの無料接種「任意の予防接種事業」、生ごみ処理機購入への助成「ごみ減量・資源化の充実・拡大」など13事業。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

「伝統文化発信の拠点に」

市内の書家小山渚さん

「伝統文化発信の拠点に」

3月16日号

毎日の運動がポイントに

鎌倉市

毎日の運動がポイントに

3月16日号

「日比谷花壇」が新愛称に

フラワーセンター

「日比谷花壇」が新愛称に

3月9日号

地域と連携 詐欺防止へ

鎌倉警察署

地域と連携 詐欺防止へ

3月9日号

「泣塔」で住民主体の慰霊祭

「手作り」ジャズ祭20回目

Jazz in鎌倉

「手作り」ジャズ祭20回目

3月2日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク