鎌倉版 掲載号:2011年3月18日号
  • googleplus
  • LINE

鶴岡八幡宮の大銀杏 強い生命力で成長 再生祈る「祈願祭」 ヒコバエを剪定

文化

健やかな成育を願い剪定
健やかな成育を願い剪定

 鶴岡八幡宮で今月10日、大銀杏の再生を願う神事が行われた。この日は、強風により大銀杏が倒れてから丸一年。大勢の参拝客らが見守るなか、神職による若い芽「ヒコバエ」の剪定が行われた。

 昨年3月に根元を残して風雪により倒れた大銀杏。残った根元からは、多数のヒコバエが芽を出し、現在では約2メートルの高さに成長している。倒伏後、再生を願う記帳には、約6万5千人が参加した。鶴岡八幡宮では「皆様の励ましに応えるかのような、目覚しい早さで育っている」と話す。隣に植えられた幹部分の「親木」からも新芽が育っている。

 神事では、祝詞を奏上した後、神職がヒコバエを剪定。東京農業大学の浜野周泰氏の指導でヒコバエの剪定を繰り返し、最終的に「後継樹」候補となる1本を残す。すべての剪定が終わるのは10年ほどがかかる見込み。

 剪定された枝は、すでに100本近くが、同宮で鉢に挿し木され保存されている。この枝の使用法は現在未定だという。

 同宮では「ヒコバエは、順調に成長しているが、親樹はまだ完全に根付いてはいない状態。ともに大きく元気に育ってもらいたい」と再生に期待を込めた。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

「伝統文化発信の拠点に」

市内の書家小山渚さん

「伝統文化発信の拠点に」

3月16日号

毎日の運動がポイントに

鎌倉市

毎日の運動がポイントに

3月16日号

「日比谷花壇」が新愛称に

フラワーセンター

「日比谷花壇」が新愛称に

3月9日号

地域と連携 詐欺防止へ

鎌倉警察署

地域と連携 詐欺防止へ

3月9日号

「泣塔」で住民主体の慰霊祭

「手作り」ジャズ祭20回目

Jazz in鎌倉

「手作り」ジャズ祭20回目

3月2日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク