鎌倉版 掲載号:2013年3月15日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉養護学校 災害時福祉避難所に 要援護者らへ施設提供

市内関谷にある鎌倉養護学校=2月28日
市内関谷にある鎌倉養護学校=2月28日

 市と県立鎌倉養護学校(今井邦彦校長、市内関谷)が2月4日、災害時における福祉避難所としての施設使用等に関する協定を締結した。

 災害発生時に、一般避難所での生活が困難と思われる要援護者に同校が施設を提供し、市が飲食料品や毛布、医薬品などを提供する。

 知的・発達・認知・肢体・高齢者など、身体に障害を持つ要援護者に対しては個別の対応が求められるため、一般の避難所での生活が難しいとされている。

 施設がバリアフリー構造となっており、福祉に精通した職員が勤務している同校では、2011年8月から市に福祉避難所としての施設利用を働きかけていた。

 同校では「災害時に確実に施設を利用できる。地域に信頼される学校づくりを目指しており、使命を果たすことができる」としている。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク