鎌倉版 掲載号:2014年4月18日号 エリアトップへ

腰越漁協 直売所の運営開始 目玉は「朝どれフライ」

経済

掲載号:2014年4月18日号

  • LINE
  • hatena
その日に獲れた魚をフライにする
その日に獲れた魚をフライにする

 腰越漁業協同組合(池田利男組合長)は4月17日から、同漁協事務所内で直売所の運営を開始した。その日水揚げされた新鮮な海産物のほか、目玉として「朝どれ」の魚をフライにして販売。関係者は「地元の皆さんに旬の味を楽しんでもらいたい」と話している。

 「漁協販売所」が設けられたのは、同漁協事務所棟の入口横。これまで調理場として利用されてきた場所を改装した。

 新鮮な魚や海藻類などが並ぶほか同販売所の目玉となるのが、その日に獲れた魚を揚げた「朝どれフライ」だ。同漁協の関係者は「身が柔らかくて刺身などには向かないが、フライにすると美味しい魚も多い。その日によって獲れる魚が違うので、思いがけない『出会い』を楽しんでもらいたい」と話す。店頭に並ぶ魚は毎日変わるが、今の季節はアジやイワシ、シラス、ジンダコなどが獲れるという。

 同漁協の池田組合長は「以前から漁協で新鮮な魚介を販売してほしいという声が多かった。地域の皆さんに、旬の味を楽しんでもらえれば」と期待を寄せる。価格は天候や漁によって異なるが1つ100〜150円ほどを予定している。

 4月10日には漁協関係者や地域住民を招いた「試食会」を実施。販売予定のカマスやアジのフライのほか、地元の漁師にはおなじみだという「シラスの天ぷら」、ヒイラギの素揚げなどが並び、約30人が舌鼓を打った。出席した松尾崇市長は「地元で獲れた新鮮な海産物が食べられるのは鎌倉市民ならでは。この販売所が盛り上がっていってほしい」と挨拶した。

 販売所の営業は、水曜日を除く午前10時から午後5時頃まで。また金曜日は営業するがフライの販売は休みとなる。詳細の問い合わせは同漁協【電話】0467・32・4743へ。

販売所が開設された漁協事務所
販売所が開設された漁協事務所

鎌倉版のトップニュース最新6

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

「教育現場に外部の力を」

鎌倉市

「教育現場に外部の力を」 教育

連携へ資金募集開始

1月1日号

「新年度26億円の減収に」

新春市長インタビュー

「新年度26億円の減収に」 政治

リーマンショック並み予測

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク