鎌倉版 掲載号:2014年8月22日号
  • googleplus
  • LINE

未来・連福プロジェクト ひまわり育て福島支援 代理で栽培9月に種収穫

社会

広町緑地で8月上旬に満開となった福島産のひまわり
広町緑地で8月上旬に満開となった福島産のひまわり
 市民団体「未来・連福プロジェクト」(齊藤美代子代表)は、土壌汚染の影響により福島県で栽培困難になった食用ひまわりを市内腰越の広町緑地などで5月から栽培している。油の原料となる種は9月に収穫し、福島県で活動するNPO法人「シャローム」(大竹静子代表)に送る予定となっている。

 東日本大震災の復興支援の一環として、鎌倉市内に福島県の子どもたちを招待する催しを定期的に開催している「未来・連福プロジェクト」の齊藤代表は、今年の春に福島県を訪れた際、シャロームの大竹代表を紹介された。

 福島市を拠点に、障害者と農家が協力して農作物を栽培するプログラムなどを行ってきた同団体。震災の直前には食用ひまわりを栽培し、種から精製した油を製品化する企画を進めていたが、原発事故後の土壌汚染の影響で中止を余儀なくされていた。その後、全国各地でボランティアが代理栽培して種を福島に送る「ひまわりプロジェクト」がスタートしたという。

 この話を聞いた齊藤代表は、「鎌倉で福島のひまわりを栽培することで、支援に協力しよう」と決意。知人らにも声をかけ、広町緑地など12カ所で5月から栽培を開始した。「未来・連福プロジェクト」の仲間や賛同者が水遣りなど世話を続け、7月に開花。9月には種を収穫し福島に送る予定だという。齊藤代表は「思っていた以上に多くの方から協力をしてもらえた。今後も続けていきたい」と話している。

 精製した油の収益は、福島県での災害支援活動の自主財源に充てられているという。

暑中お見舞い申し上げます

DJ・HAGGY

ラジオDJ、TVキャスターとして情報発信していきます。

http://www.djhaggy.com

JAさがみ

JAさがみは都市農業を守り、皆さまの営農と暮らしに貢献します

http://ja-sagami.or.jp/

社会保険労務士会藤沢支部

人事労務管理のコンサルティング、年金相談、労働社会保険事務手続きの代行等

http://sr-fujisawa.jp/

目指せ一人前の「電気技術者」

地元企業「増田電気」の求人広告は、月1回タウンニュース藤沢版にて掲載中!

https://ameblo.jp/masuda-denki/

鎌倉酒販協同組合

「鎌倉梅ワイン」「かまくら梅酒」などネット販売中

http://kamakura-syuhan.com/

鎌倉商工会議所 青年部

会員募集中 最新情報はこちらで

http://bit.ly/2Aa4pM7

株式会社 イソダ

創業大正13年。湘南・鎌倉・藤沢・茅ヶ崎・逗子の地で実績を誇る神奈川の工務店

http://www.isoda.co.jp/

鎌倉市川喜多映画記念館

鎌倉の風情と、世界の映画を楽しめる贅沢なひとときを。企画展開催中。

http://www.kamakura-kawakita.org/

鎌倉商工会議所

企業を育て地域を伸ばす

http://www.kamakura-cci.or.jp

<PR>

鎌倉版のトップニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人形たちの物語を上演

人形たちの物語を上演

鎌倉こどもミュージカル

7月31日~8月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク