鎌倉版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

地元商店会 「七里の桜を守りたい」 31日に初のイベント

社会

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena
七里ガ浜のシンボルである桜のプロムナード
七里ガ浜のシンボルである桜のプロムナード

 七里ガ浜の中心に位置する桜のプロムナードの桜が植栽から40年を過ぎ、衰弱が目立つようになっている。七里ガ浜商店会(辻井紀人会長=人物風土記で紹介)では桜を保全し、街の景観を守ろうというプロジェクトの実施を決定。1月31日(日)には、キックオフイベントを開催する。

 七里ガ浜地区のメイン通りには1975年、鎌倉西ロータリークラブによってソメイヨシノ12本が植栽された。以来、通りは「桜のプロムナード」と呼ばれ、住民から親しまれてきた。

 しかし植栽から40年が経過した桜は近年、菌類が発生するなど衰弱が目立つようになっていた。鎌倉樹木医グループによると、抜本的な治療や植え替えには1本数十万円が必要になるという。

 そこで地元の七里ガ浜商店会は桜の保全を目指す「七里桜プロジェクト」の実施を決定。今後は定期的にイベントを開催し、収益は保全に充てる。

 第1回は4月の桜祭りに合わせて行われる予定だが、桜の現状を報告し問題を共有しようというキックオフイベント「おでん広場」が1月31日に開催される。正午から午後4時までで、商店会特製のおでんを楽しめる。荒天時は2月7日(日)に延期。辻井会長は「50年後も桜を楽しめるようにしたい。おでんを食べながら街の景観に興味を持ってもらえれば」と話している。問合せは【電話】0467・31・9477五條・辻井さんへ。

鎌倉版のトップニュース最新6

陽性者累計505人に

鎌倉市内新型コロナ

陽性者累計505人に 社会

1週間で78人増

1月22日号

食品の配布会、初開催

ふらっとカフェ

食品の配布会、初開催 社会

「パントリー」実現へ第一歩

1月22日号

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク