鎌倉版 掲載号:2016年2月26日号 エリアトップへ

近代美術館鎌倉館 本館棟を文化財指定へ 県教委が方針示す

文化

掲載号:2016年2月26日号

  • LINE
  • hatena
鶴岡八幡宮境内に建つ同館
鶴岡八幡宮境内に建つ同館

 1月末で展覧会活動を終了し、3月末で閉館する県立近代美術館・鎌倉館。同館本館棟について神奈川県はこのほど、「県指定文化財としての保存」を視野に、建物を引き継ぐ予定の鶴岡八幡宮と協議を進める方針を明らかにした。指定されれば戦後の建築物としては初となる。

 これは現在開会中の県議会本会議で、桐谷次郎教育長が答弁したもの。

 桐谷教育長は同館の3つの建物のうち、老朽化や耐震性などに問題がある新館棟と学芸員棟を2016年度中に解体する方針を示し、新年度予算案に関連経費を計上した。また本館棟については、「県指定文化財として保存する方法も視野に、鶴岡八幡宮と協議していく」とした。

 建築家・坂倉準三が設計し「戦後日本モダニズム建築の傑作」と高く評価されている同館。県は当初、土地を所有する鶴岡八幡宮との借地契約が今年3月末で満了することに合わせ、閉館し解体したうえで土地を返還する方針を示していた。しかしその後、市民による署名活動などを受けて、本館棟を保存し八幡宮に引き継ぐと発表。現在、保存に向けた耐震化の方法や経費の負担について、八幡宮との間で協議を進めている。

 県文化財に指定されると、改修などに規制が設けられる一方で、費用補助などが受けられるという。1951年に開館した同館が県文化財になれば、戦後の建築物としては初。県教育委員会は「今後の保存に向けて、まずは文化財としての価値を整理していきたい」と話している。

鎌倉版のトップニュース最新6

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

「教育現場に外部の力を」

鎌倉市

「教育現場に外部の力を」 教育

連携へ資金募集開始

1月1日号

「新年度26億円の減収に」

新春市長インタビュー

「新年度26億円の減収に」 政治

リーマンショック並み予測

1月1日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク