鎌倉版 掲載号:2016年8月26日号 エリアトップへ

「横浜大空襲の記憶伝える」 証言DVD3作目が完成

教育

掲載号:2016年8月26日号

  • LINE
  • hatena
DVDを手にする小野さん
DVDを手にする小野さん

 鎌倉市と公募市民により構成される鎌倉平和推進実行委員会が、3作目となる「戦争体験証言記録DVD」を作成した。関係者らは「戦争体験を直接伝えることが難しくなっている。この取り組みを通じて、多くの人に伝えることができれば」と話している。

 鎌倉市と鎌倉平和推進実行委員会はこのほど、平和推進事業の一環として「戦争体験証言記録DVD―横浜大空襲編」を作成し、市立小・中学校と各図書館に配架した。

 これは、戦争を知らない世代の増加と戦争体験者の高齢化が進んでいることから、市と同委員会が協働で2013年度から作成しているもので、3作目。

 今回、証言を収録したのは小野静枝さん(横浜市在住・84)。小野さんは1971年に「横浜の空襲を記録する会」に参加し、『横浜の空襲と戦災』(全6巻)の刊行に携わった。また、戦災障害者運動にもかかわり、『その日を生き続けて〜空襲による障害者の記録〜』を編著。03年からは鎌倉市内の小・中学校で語り部として、横浜大空襲の被害の様子や戦争の悲惨さなどを伝え続けている。

13歳で空襲体験

 小野さんは横浜市立第一女子商業学校2年生だった13歳の時、横浜大空襲に遭った。学校からの帰宅途中、B29から投下された焼夷弾によって瞬く間に辺り一面火の海となり、呆然と立ち尽くしていたところを青年に助けられたという。「彼は東京の大学生で空襲を経験していたそうなのですが、今回ばかりは生きて帰れないと覚悟したそうです。彼がポツリと言った『自分だけだったらだめだったかもしれない。この人と出会って自分も生きられたのだと思う』という言葉は一生忘れません」。

 いつも一緒だった2人の親友との再会は叶わず、学校が再開しても学友の数は半数になっていた。

 その後結婚し、子どもを育てながら自身の体験を手記にまとめた。それを「横浜の空襲を記録する会」に送ったことをきっかけに戦争にまつわる執筆調査活動を開始した。「主義主張に縛られず、とにかく『戦争を繰り返してはいけない』という思いでこれまでやってきた」という。

 小野さんは「先輩たちがだんだんと少なくなってきたなか、こうした取り組みは素晴らしいと思う。皆さんが興味を持ち、平和を願うきっかけとなれば」と話していた。

 DVDは各学校で総合教育等に活用されるほか、市内の各図書館、市役所の文化人権推進課で借りることができる。

 問い合わせは【電話】0467・61・3870同課へ。

鎌倉版のトップニュース最新6

5千円電子クーポン配布へ

5千円電子クーポン配布へ 経済

12月15日から利用可能

10月16日号

「困窮者世帯に食料を」

ふらっとカフェ鎌倉

「困窮者世帯に食料を」 社会

「パントリー」実施へ資金募る

10月16日号

免許返納者に助成券交付へ

免許返納者に助成券交付へ 社会

事故防止と外出機会増狙う

10月9日号

空撮映像、観光に活用へ

空撮映像、観光に活用へ 社会

ドローン協会が県と連携

10月9日号

宿泊施設へ手荷物配送

宿泊施設へ手荷物配送 経済

市観光協会が新サービス

10月2日号

スタンプ集めて地元応援

稲村ガ崎

スタンプ集めて地元応援 コミュニティ社会

24店参加の「ラリー」開催

10月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク