鎌倉版 掲載号:2016年9月2日号 エリアトップへ

大船中学校 改築終え新校舎で授業開始 38億円かけスポーツ棟など整備

教育

掲載号:2016年9月2日号

  • LINE
  • hatena
校庭から見たスポーツ棟と校舎棟(奥)、太陽光パネル(左上)、中庭
校庭から見たスポーツ棟と校舎棟(奥)、太陽光パネル(左上)、中庭

 2014年12月から行ってきた市立大船中学校の改築工事がこのほど完了し、9月1日から新校舎での授業が始まった。太陽光発電システムの導入や3つのラウンジを設けたゆとりあるデザインが特徴で、関係者は「のびのびと学んでほしい」と話している。

 耐震性の問題で、2014年12月から全校舎の建て替えを行っていた市立大船中学校の工事が7月13日竣工し、9月1日から新校舎での授業が始まった。

 校舎棟は鉄筋コンクリート造りの3階建て。生徒や教員らが集まることのできるラウンジや吹き抜けの階段、自然光が入る大きな窓など、ゆとりのあるデザインが特徴だ。屋上には35キロワットの太陽光パネルが設置され、晴れた日には校内のほぼすべての電力をまかなえるという。生徒らの関心を高めようと、下駄箱には発電量がわかるモニターが設置された。

 市内の学校では最大規模の体育館やプール、武道館からなるスポーツ棟の改築や新たに設置された部活棟も含めた総工費は36億8900万円。

 三好晃秀校長は「生徒たちにはのびのびと勉強や部活に打ち込んでほしい」と話し、入学以来、仮設の校舎で過ごしてきた同校3年生の増田秀之さんは「大学みたいな作りで他校の友達からよく褒められる。9月中旬の文化祭が楽しみ」と話していた。

鎌倉版のトップニュース最新6

ナラ枯れの実態把握へ

ナラ枯れの実態把握へ 社会

市民から情報募る

9月25日号

親と子の土曜朗読会800回

親と子の土曜朗読会800回 文化

コロナ禍の休会経て節目

9月25日号

「鎌倉を美しく」貫き32年

「鎌倉を美しく」貫き32年 社会

市民団体が環境省表彰受賞

9月18日号

無観客・配信開催が決定

鎌倉薪能

無観客・配信開催が決定 社会

コロナ禍受け初の形式に

9月18日号

「ティアラかまくら」閉院へ

「ティアラかまくら」閉院へ 社会

分娩数減少で経営苦しく

9月11日号

避難所の感染症対策進む

避難所の感染症対策進む 社会

パーテーションなど配備

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク