鎌倉版 掲載号:2017年5月12日号 エリアトップへ

「地域の文化、次世代に」 大船壮年会が50周年

社会

掲載号:2017年5月12日号

  • LINE
  • hatena
盆踊りでは屋台を営業
盆踊りでは屋台を営業

 大船のまちづくりや伝統の継承を担う、男性主体の団体「大船壮年会」が結成50周年を迎え、4月23日に大船町内会館で記念行事を開催した。10代目会長の川嶋恒男さん=人物風土記で紹介=は「地域で受け継がれてきた文化を次世代につないでいきたい」と話す。

 大船壮年会は大船町内会会員の男性が中心となって1967年に結成された団体。戦後、開発が進み地域の人間関係が希薄になるなか、会員同士の親睦と伝統の継承、行事への貢献を中心に活動を続けてきた。

 近年は盆踊りでの屋台出店、早朝座禅会や史跡めぐりなどを実施しているほか、町内会と連携して祭囃子の保存に注力しており、5月21日の大船まつりでは、子どもたちと一緒に演奏を披露する予定だという。

 4月23日の記念行事には会員ら約30人が参加。これまでの活動を振り返るスライドが上映された後、大船の歴史講座が開かれた。また今後は、地域住民に向けた歴史教養講座を開催するという方向性も示された。

 現在、会員は62人で平均年齢は65歳。会長の川嶋さんは「大先輩がつないできた地域の文化や伝統を次世代に渡すため、活動に力をいれていきたい」と話している。

 問合せは【電話】0467・44・5511高橋さんへ。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

部員が顧問の命救う

第一中バスケ部

部員が顧問の命救う 教育

胸骨圧迫、人工呼吸などで

7月23日号

障害者の社会進出後押し

鎌倉市

障害者の社会進出後押し 社会

条例制定し情報得やすく

7月23日号

前週比3.8倍に急増

鎌倉市内新型コロナ

前週比3.8倍に急増 社会

宣言下の1月に次ぐ多さ

7月16日号

五輪へ地元応援団結成

女子バレー島村春世選手

五輪へ地元応援団結成 スポーツ

腰越地区中心に200人

7月16日号

子どもも考える「動物愛護」

子どもも考える「動物愛護」 社会

小中学生が掲示板開設

7月9日号

倒木・がけ崩れ各地で

大雨被害

倒木・がけ崩れ各地で 社会

月平均2倍強の降水量

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter