鎌倉版 掲載号:2017年9月22日号 エリアトップへ

2017年度海水浴客数 前年比9・5万人の減少 8月の天候不良響く

社会

掲載号:2017年9月22日号

  • LINE
  • hatena

 鎌倉市はこのほど、2017年度の海水浴客数を発表した。それによれば材木座、由比ガ浜、腰越の市内3海水浴場を訪れた人は、約59万6千人。前年に比べて約9万5千人(約13・7%)の減少となった。

 海水浴場別では、材木座が5万2千人(前年比2・9%減)、由比ガ浜が52万6500人(前年比13・8%減)、腰越が1万8200人(前年比32・5%減)。いずれも過去10年で最少となった。減少の大きな要因となったのが天候不良。期間中の雨の日数は昨年より6日多い10日、曇りの日数は21日多い37日となった。

 特に8月に入って雨や涼しい日が続き、例年客数が最も多いお盆を直撃したことが大きく影響した。

 由比ガ浜茶亭組合の増田元秀組合長は「長期的に見れば、海水浴客そのものの減少傾向が続いている。鎌倉では砂浜での飲酒禁止などの規制強化が浸透してきたこともあり、午後遅い時間や夕方に来て、海には入らずに海の家でブランチや夕食を楽しむ人が増えている。海の家でも飲食の売り上げ自体は大きく減っておらず、従来通りの調査では動向の変化が反映されない部分もある」と話した。

鎌倉版のトップニュース最新6

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

「教育現場に外部の力を」

鎌倉市

「教育現場に外部の力を」 教育

連携へ資金募集開始

1月1日号

「新年度26億円の減収に」

新春市長インタビュー

「新年度26億円の減収に」 政治

リーマンショック並み予測

1月1日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク