鎌倉版 掲載号:2017年9月22日号
  • LINE
  • hatena

禅の心で命と向き合う 妊婦のための座禅会

社会

座禅に取り組む妊婦ら
座禅に取り組む妊婦ら
 市内山ノ内の建長寺で9月11日、「マタニティZazen」と題した妊婦対象の座禅会が開かれた。

 これは湘南鎌倉総合病院(市内岡本)の産科スタッフが、「自分の内面に意識を向けて心を整える禅の考え方を、お産にも生かしてほしい」と同寺と合同で企画したもので2回目。

 当日は妊婦や同院の関係者ら27人が参加。僧侶から禅の考え方について説明を受けた後、約2時間にわたって座禅に取り組んだ。またその後は、けんちん汁をはじめとした精進料理がふるまわれた。

 参加者の一人で第2子の出産を来年1月に控えるという猪股綾子さん(藤沢市)は「普段は子育てに追われてイライラすることも多いが、座禅をしている間は自然に集中力が高まって落ち着いた時間が持てた」と振り返った。また同寺教学部長の長尾宏道さんは「自然と一体になる感覚を持つことで、自分とこれから生まれてくる命の尊さを感じてもらえたら」と話していた。

1/26家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 1月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

源実朝の肖像作品展示

源実朝の肖像作品展示

鎌倉国宝館で特別展

1月4日~2月3日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク