鎌倉版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

(PR)

健康管理に必要な生活習慣コラム【3】 慢性的な腹痛の対策は? 取材協力/柳川クリニック 柳川健院長

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena
柳川 健 院長
柳川 健 院長

 Q・50歳男性です。半年以上、腹痛で悩んでいます。胃と大腸の内視鏡検査や腹部CT検査を行っても異常はないと言われました。どう対処すれば良いのか分からず、困っています。

 A・慢性的な腹痛に悩んでいる人は少なくありません。病院で色々な検査をしたにも関わらず特に異常がないと言われ、痛みに悩みながら生活をしている人もいます。

 検査で特に異常が見つからないような腹痛の人は比較的多く、頻度的には機能性の異常と心因性(精神的な負荷、ストレスなどによるもの)によることが多いと思います。

 機能性の異常とは胃腸の動きに問題がある状態のことで、「過敏性腸症候群」はみなさんも聞いた事があるのではないでしょうか。「過敏性腸症候群」は食後に左下腹部が痛むのが典型的な症状で、排便後に痛みがなくなる場合が多いです。高校生くらいの、比較的若い時期から症状が出ることが多く、50歳になってから初めて症状が出る人は少ないです。 

 心因性による痛みは、診断が時に困難です。基本的には色々な検査をしても異常が見つからないときに強く疑うのですが、最近、これが原因となる腹痛の患者さんが増えているように感じます。

 家庭や仕事でのストレスが原因となっていることが多く、心理テストをするとうつ傾向がしばしば見られます。

 この場合、精神的に楽になる薬(時に漢方薬)を使用することで、改善へ向かうケースもあります。

 いずれにしても、検査でも原因が分からないような腹痛について1人で悩む必要はありません。心配なことや分からないことがあれば、消化器内科や心療内科の専門医に相談することをお勧めします。

医療法人社団健生会 柳川クリニック

〒248-0035鎌倉市西鎌倉1-18-3

TEL:0467-33-0857

http://www.kens-clinic.jp/kamakura/

鎌倉版のピックアップ(PR)最新6

通信教育で社会福祉士に

注目の「給付金制度」で国家資格取得 4月入学受講生募集

通信教育で社会福祉士に

茅ヶ崎リハビリテーション専門学校

1月8日号

「個別見学・相談を承ります」

介護付有料老人ホーム「チャームプレミア鎌倉山」 1日2組限定事前予約制

「個別見学・相談を承ります」

1月16日(土)・24日(日)

1月8日号

美術品・骨董品を高価買取り

1月15日・16日・31日・2月1日 鎌倉芸術館「お宝無料鑑定会」開催 予約優先

美術品・骨董品を高価買取り

生前整理・遺品整理の相談だけでもOK

1月8日号

クラシック音楽に恋して

連載シリーズ第2回

クラシック音楽に恋して

マリア・カラスの魔力

1月1日号

新年行事・護摩祈願のご案内

青蓮寺

新年行事・護摩祈願のご案内

「お大師様」出張のためご開帳は中止

1月1日号

家族でゆったり、温かい葬儀

相談無料

家族でゆったり、温かい葬儀

生花祭壇で華やかに

12月25日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク