鎌倉版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

(PR)

健康管理に必要な生活習慣コラム【3】 慢性的な腹痛の対策は? 取材協力/柳川クリニック 柳川健院長

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena
柳川 健 院長
柳川 健 院長

 Q・50歳男性です。半年以上、腹痛で悩んでいます。胃と大腸の内視鏡検査や腹部CT検査を行っても異常はないと言われました。どう対処すれば良いのか分からず、困っています。

 A・慢性的な腹痛に悩んでいる人は少なくありません。病院で色々な検査をしたにも関わらず特に異常がないと言われ、痛みに悩みながら生活をしている人もいます。

 検査で特に異常が見つからないような腹痛の人は比較的多く、頻度的には機能性の異常と心因性(精神的な負荷、ストレスなどによるもの)によることが多いと思います。

 機能性の異常とは胃腸の動きに問題がある状態のことで、「過敏性腸症候群」はみなさんも聞いた事があるのではないでしょうか。「過敏性腸症候群」は食後に左下腹部が痛むのが典型的な症状で、排便後に痛みがなくなる場合が多いです。高校生くらいの、比較的若い時期から症状が出ることが多く、50歳になってから初めて症状が出る人は少ないです。 

 心因性による痛みは、診断が時に困難です。基本的には色々な検査をしても異常が見つからないときに強く疑うのですが、最近、これが原因となる腹痛の患者さんが増えているように感じます。

 家庭や仕事でのストレスが原因となっていることが多く、心理テストをするとうつ傾向がしばしば見られます。

 この場合、精神的に楽になる薬(時に漢方薬)を使用することで、改善へ向かうケースもあります。

 いずれにしても、検査でも原因が分からないような腹痛について1人で悩む必要はありません。心配なことや分からないことがあれば、消化器内科や心療内科の専門医に相談することをお勧めします。

医療法人社団健生会 柳川クリニック

〒248-0035鎌倉市西鎌倉1-18-3

TEL:0467-33-0857

http://www.kens-clinic.jp/kamakura/

鎌倉版のピックアップ(PR)最新6

今こそ、スマホの使い方を学ぼう!

保存版シニア歓迎

今こそ、スマホの使い方を学ぼう!

11月2日と4日は無料事前説明会

10月23日号

半額以下の山葡萄籠も

秋のセール

半額以下の山葡萄籠も

各種小物は最大85%オフ

10月23日号

自然の恵み存分に

自然の恵み存分に

「レネ」がジビエ料理開始

10月23日号

世界チャンピオンのバーガーが鎌倉に

コロナ禍の閉所から再出発へ

コロナ禍の閉所から再出発へ

今泉台のデイサービス施設

10月23日号

「注文を間違える?カフェ」併設

「注文を間違える?カフェ」併設

鎌倉グループホームえん12月開設へ

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク