鎌倉版 掲載号:2018年2月16日号
  • LINE
  • はてぶ

湘南モノレール ICカードで精算可能に 4月1日始発から

社会

現在の湘南モノレール大船駅の改札口
現在の湘南モノレール大船駅の改札口
 湘南モノレール(株)(尾渡英生代表取締役社長)はこのほど、「PASMO」などの交通系ICカードで運賃の精算ができるサービスを、4月1日から導入すると発表した。

 4月1日から利用できるのはPASMOをはじめ、「Suica」など全国の交通系ICカード10種。PASMO定期券や、記名・無記名PASMOカードは、同日から大船駅定期券窓口で購入できる。

 同サービス開始後も、これまでの磁気定期乗車券、回数券は使用可能で、普通・定期運賃に改変はない。

 導入の背景について、湘南モノレールは「以前から、『ICカードで乗り降りできるようにしてほしい』との声が、乗降客から上がっていた」と話す。転機になったのは、2015年に地域交通の運営ノウハウを持つ(株)みちのりホールディングスへと経営権が移り、現在の尾渡社長が就任したこと。新体制となったのを機に、本格的に導入に向けた検討が始まった。

 同社は「さまざまなICカードが使えるようになるため、遠方からのお客様にもより便利に利用していただける。さらに多くの人にモノレールを楽しんでほしい」としている。

鎌倉版のトップニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク