鎌倉版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

鎌倉市 毎日の運動がポイントに 抽選で景品への交換も

社会

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena

 鎌倉市は3月15日から「かまくらヘルシーポイント」事業をスタートさせた。活動量計やスマートフォンアプリを活用すると、歩数に応じてポイントが付与され、抽選で景品に交換することもできる。市は「多くの人に運動習慣を身に付けてもらい、健康増進につなげたい」と話す。

 同事業は、満20歳以上の鎌倉市民が対象。参加するには、活動量計(歩数や日常生活による運動量を測定する機器)を利用する方法とスマートフォンのアプリを利用する方法とがある。

 活動量計を利用するには、市役所本庁舎や支所に設置された参加申込書を(株)タニタヘルスリンク内の事務局に郵送。2〜3週間後に届いた際に、宅配業者に5千円を支払う。

 アプリを利用する場合は、専用ホームページ(【URL】https://www.karadakarute.jp/kamakura)から申し込み、IDとパスワードを入手。その後、アプリをダウンロードしてIDとパスワードを入力する。

 こうして手に入れた活動量計やアプリを入れたスマートフォンを持ってウォーキングすれば、1千歩以上で2ポイント、5千歩以上で5ポイントなど、歩数に応じてポイントが貯まる(活動量計はローソン、ミニストップの店頭端末でのアップロードが必要)。また市が主催する健康イベントへの参加で50ポイント、健康診査の受診で100ポイントが付与される。

 ポイントはメーカーズシャツ鎌倉のギフトカードやレストラン鎌倉山のローストビーフなどの景品に、抽選で交換することができる(抽選は年2回)。

 市市民健康課は初年度で3千人の参加を目指す考え。「特にこれまで運動不足だったという人には、事業への参加がモチベーションの向上につながり、運動を習慣にするきっかけになれば」と話している。

 問い合わせは同課【電話】0467・61・3942へ。

鎌倉版のトップニュース最新6

海水浴場 戦後初の中止

海水浴場 戦後初の中止 社会

県ガイドライン実行困難

6月5日号

コロナ対策など2.8億円計上

鎌倉市補正予算案

コロナ対策など2.8億円計上 社会

特別職、議員は期末手当削減へ

6月5日号

不安のなか手探りの再開

不安のなか手探りの再開 社会

感染対策との両立課題に

5月29日号

PCR集合検査場開設へ

PCR集合検査場開設へ 社会

医師会が運営6月1日から

5月29日号

飲食店支援企画に1303万円

飲食店支援企画に1303万円 経済

目標金額の4倍以上

5月22日号

オンラインHR(ホームルーム)実施へ

鎌倉市教育委員会

オンラインHR(ホームルーム)実施へ 教育

休校中の生活改善目指す

5月22日号

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク