鎌倉版 掲載号:2018年3月16日号
  • LINE
  • はてぶ

鎌倉市 毎日の運動がポイントに 抽選で景品への交換も

社会

 鎌倉市は3月15日から「かまくらヘルシーポイント」事業をスタートさせた。活動量計やスマートフォンアプリを活用すると、歩数に応じてポイントが付与され、抽選で景品に交換することもできる。市は「多くの人に運動習慣を身に付けてもらい、健康増進につなげたい」と話す。

 同事業は、満20歳以上の鎌倉市民が対象。参加するには、活動量計(歩数や日常生活による運動量を測定する機器)を利用する方法とスマートフォンのアプリを利用する方法とがある。

 活動量計を利用するには、市役所本庁舎や支所に設置された参加申込書を(株)タニタヘルスリンク内の事務局に郵送。2〜3週間後に届いた際に、宅配業者に5千円を支払う。

 アプリを利用する場合は、専用ホームページ(【URL】https://www.karadakarute.jp/kamakura)から申し込み、IDとパスワードを入手。その後、アプリをダウンロードしてIDとパスワードを入力する。

 こうして手に入れた活動量計やアプリを入れたスマートフォンを持ってウォーキングすれば、1千歩以上で2ポイント、5千歩以上で5ポイントなど、歩数に応じてポイントが貯まる(活動量計はローソン、ミニストップの店頭端末でのアップロードが必要)。また市が主催する健康イベントへの参加で50ポイント、健康診査の受診で100ポイントが付与される。

 ポイントはメーカーズシャツ鎌倉のギフトカードやレストラン鎌倉山のローストビーフなどの景品に、抽選で交換することができる(抽選は年2回)。

 市市民健康課は初年度で3千人の参加を目指す考え。「特にこれまで運動不足だったという人には、事業への参加がモチベーションの向上につながり、運動を習慣にするきっかけになれば」と話している。

 問い合わせは同課【電話】0467・61・3942へ。

鎌倉版のトップニュース最新6件

住民投票条例を審議へ

市役所本庁舎移転問題

住民投票条例を審議へ

11月16日号

「御朱印」集めて商店街活性

商店街がWi-Fi環境整備

鎌倉学園陸上部「実りの秋」に躍進

研修所、稽古場として活用

旧村上邸

研修所、稽古場として活用

11月2日号

生徒会が地域マップ作成

北鎌倉女子学園

生徒会が地域マップ作成

11月2日号

11/18家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大嶋監督作品を初上映

大嶋監督作品を初上映

12月8日 川喜多映画記念館で

12月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク