鎌倉版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

市内の書家小山渚さん 「伝統文化発信の拠点に」 山ノ内にギャラリー開設

文化

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena
ギャラリーえにしの前に立つ小山さん
ギャラリーえにしの前に立つ小山さん

 北鎌倉駅西口にほど近い場所に3月17日(土)、アートスペース「ギャラリーえにし」(山ノ内1347)がオープンする。運営する書家・小山渚さんは「さまざまな縁が紡ぎ出される場所になれば嬉しい」と話している。

 母親が書家で、幼少のころから書道に親しんでいたという小山さん(山ノ内在住)。これまでに建長寺、東慶寺をはじめ、県内外のさまざまな会場で個展を開催。さらに2011年にはロンドン、パリでも作品展を開くなど、国際的に活動の幅を広げている。

 現在は30年以上にわたり北鎌倉で書塾「てならいどころ」を運営し、多数の生徒を教えている。

屋内外で作品鑑賞

 同ギャラリーは和洋それぞれの展示室のほか、緑に囲まれ、季節の花々を楽しめる庭にも作品を並べられるなど、屋内外でアート鑑賞を楽しめる構造。小山さんによると、昨年11月までこの建物で開かれていたギャラリーが閉館し、以前から親しかったオーナーに誘われ、建物を引き継いだのが、開設のきっかけだったという。

 「元々自分のギャラリーを持つことに興味があった」と話す小山さんは、友人や生徒らの協力も得て、少しずつ準備を進めてきた。「多くの人の力添えがあってオープンまでこぎつけたので、ご縁を大切にしたいという願いから『えにし』と名付けた」と言う。

鎌倉彫とコラボ

 杮落しとして、17日から22日(木)まで、以前から交流を持つ鎌倉彫の老舗・博古堂とのコラボレーション企画展「えにし展」を開催する。小山さんが書いた文字を元に、博古堂が彫り上げた作品数点を展示するほか、博古堂の当主・後藤圭子さんの妹・尚子さんが手掛けた皿、小鏡など多数を楽しめる。また今後は、有田焼などの展示も予定しており、日本の伝統文化の発信拠点としても活用していきたい考えだ。

 期間中の展示時間は、午前10時から午後5時まで。入場無料。問い合わせは、ギャラリーえにし【電話】0467・91・4227へ。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

瀬戸たまさんが日本一

瀬戸たまさんが日本一 スポーツ

太極拳ジュニア大会で

5月13日号

文学館、来年4月から休館

文学館、来年4月から休館 政治

大規模改修で2年間

5月13日号

瑞泉寺住職が短歌「迢空賞」

瑞泉寺住職が短歌「迢空賞」 文化

過去に俵万智さんら受賞

5月6日号

3年ぶりに通常開催

大船まつり

3年ぶりに通常開催 文化

名物の「仮装」はなし

5月6日号

子ども大学が10周年

子ども大学が10周年 教育

研究者や地元企業が講師

4月29日号

増える自習スペース

増える自習スペース 社会

腰越、大船開設で2→4に

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook