鎌倉版 掲載号:2018年5月11日号 エリアトップへ

「苔の魅力」鎌倉から発信 12、13日市内で展示会

社会

掲載号:2018年5月11日号

  • LINE
  • hatena
「ミズゴケ湿原庭園」を披露する園田さん
「ミズゴケ湿原庭園」を披露する園田さん

 インテリアの一つとして、いま密かな人気となっているという「苔」。今週末には、苔を使った作品を集めた展示会が市内で開催される。企画したのはこの春、鎌倉で専門店をオープンさせた若きクリエイター。ブームの一方で栽培法などは普及しておらず「苔についての正しい知識を多くの人に知ってもらうとともに、鎌倉から『文化』として発信していきたい」と意気込む。

 「鎌倉苔展」と銘打ったこのイベントは5月12日(土)、13日(日)の2日間、苔専門店「苔むすび」(由比ガ浜2の4の22)の店内で開催される。

 期間中は苔を使ったテラリウム(透明なガラス容器に植物を入れたもの)など、50点以上の作品が展示されるほか、Tシャツづくりなどのワークショップも行われる。時間は午前10時から午後5時まで。

栽培法の普及目指す

 会場店舗のオーナーで、このイベントを企画したのが園田純寛さん(34)だ。

 千葉県出身の園田さんは学生時代から苔の美しさに魅せられ、大学の農学部では苔と共生する微生物を研究した。

 就職後も趣味で栽培と作品作りを続けていたが、フリーマーケットやネットを通じて販売したところ「想像していた以上にファンが多く、作品が次々売れた」という。

 今年3月には、「一般向けに苔にまつわるものはなんでも扱う店」を目指して、「苔むすび」を由比ガ浜にオープン。鎌倉を選んだ理由について「美しい石段で知られ苔寺と呼ばれる妙法寺など、有名な場所も多い。苔の魅力を発信するには鎌倉しかないと考えていた」と振り返る。

 また店をオープンさせたのは「近年のブームに対する危機感があった」と園田さん。

 手軽なインテリアとして人気となり、テラリウムなどが多く販売されているが「『売りっぱなし』でアフターフォローもない店がほとんど。実は湿度や光など環境に左右されやすく、苔の栽培は決して簡単ではない。買ってもすぐに枯れたり、カビが生えてしまう人が多い」と話す。

 そこで同店では、主にワークショップや苔あみの教室などを開催することで、「体系的な栽培の技術の伝達」に力を入れている。園田さんは「ゆくゆくは鎌倉を関東における苔文化発信の拠点にしていきたい」と意気込みを語る。

温暖化対策の切り札も

 また今回のイベントに合わせて、店舗内に設けた「ミズゴケ湿原庭園」が披露される。

 ミズゴケは高層湿原に自生する苔の仲間。植物が生育しやすい環境を作り出し、湿原の基盤植物となっているほか、地球規模で見れば総陸地面積の約30%にあたる炭素を埋蔵するなど、温暖化抑制に重要な役割を果たすと考えられている。

 これまで栽培は困難だったが、近年、手法が確立され、園田さんはこれを利用して庭園を造った。園田さんは「今後はミズゴケを使った庭作りの提案などもできれば」と話している。

 問い合わせは【電話】0467・38・8136へ。

苔を使ったテラリウム作品
苔を使ったテラリウム作品

鎌倉版のトップニュース最新6

バスケクラブが受け皿に

バスケクラブが受け皿に スポーツ

「部活動の地域移行」見据え

7月1日号

おもちゃ病院が開業20年

おもちゃ病院が開業20年 文化

コロナ下も「診療」再開

7月1日号

大河ツアー、3カ月で千人

ガイド協会

大河ツアー、3カ月で千人 文化

参加者数が徐々に回復

6月24日号

女性議員率、鎌倉は7番目

33市町村議会調査

女性議員率、鎌倉は7番目 政治

「産休」「育休」は早々に明文化

6月24日号

3月6日「鎌倉作務衣の日」

3月6日「鎌倉作務衣の日」 文化

鎌倉シャツが申請し認定

6月17日号

関東優勝でインハイへ

関口拓真さん(深沢高)

関東優勝でインハイへ スポーツ

自転車・ロードレース

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook