鎌倉版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

市有地調査 2校に控壁(ひかえかべ)無いブロック塀 撤去・新設など安全対策へ

社会

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena
第一小学校の正門の壁。市は張り紙などで注意喚起している(6月25日撮影)
第一小学校の正門の壁。市は張り紙などで注意喚起している(6月25日撮影)

 6月18日の大阪北部地震で、女児が小学校のブロック塀の下敷きになり死亡する事故が発生した。これを受けて鎌倉市は18、19日、市有地内の緊急調査を行い、市立小学校2校(3カ所)で塀が倒れるのを防ぐ「控壁」が無いブロック塀があることが判明した。市は今後、塀を撤去するなどの対策を講じるとしている。

 市は市立小中学校(全25校)を含む市有地内で「コンクリートブロック造の塀は高さ1・2mを超える場合、原則、控壁(※)が必要」など、建築基準法に適合しているかについて、目視による現地調査を行った。

 その結果、小中学校4校(6カ所)を含む28用地で高さ1・2m(6段積)を超えるブロック塀が見つかった。さらに第一小学校(由比ガ浜)正門の壁(高さ約1・6m)、第二小学校(二階堂)裏門付近のゴミ置き場の囲い(約1・4m)、敷地と道路を隔てる境界壁の一部(約1・6m)の2校3カ所では、控壁が設置されていないことが分かった。

 市教育委員会は現在、張り紙やカラーコーンを設置して注意を喚起しており「塀の早急な撤去や新設、緊急修繕などを検討していきたい」とする。

塀の撤去に補助金

 また市は市有地以外でも、通学路に面するブロック塀の安全調査を1992〜93年度以降、毎年実施してきた。

 調査開始当初、老朽化や控壁が無いといった理由で危険などとされた塀は4140カ所に上った。

 そこで市は「規定値を超え危険」として指導や勧告を受けたブロック塀の除却費用を補助する制度を設けるなどして、改善を促してきた。

 そして昨年度は、93年度との比較で改善率54%にあたる1903カ所に減少したことが分かった。

 さらに市は昨年4月、補助率を拡充し、除却費用の50%だった従来の割合を、津波浸水想定区域についてのみ90%まで引き上げた。

 また、除却後に軽量なフェンスを設置する際の費用も新たに補助対象に追加。1mあたりの標準工事費(最大3万2140円)に長さを乗じた額などの50%(津波浸水想定区域では90%)を補助する。

 17年度の補助総額は、交付35件・計1275万8100円に上り、7件・計35万1200円だった16年度に比べ、大幅に増加した。市は「補助割合を拡充したことでニーズが高まったのでは。今後も制度の周知を進めたい」としている。

 制度についての詳細は【電話】0467・61・3596市建築指導課へ。

鎌倉版のトップニュース最新6

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

「教育現場に外部の力を」

鎌倉市

「教育現場に外部の力を」 教育

連携へ資金募集開始

1月1日号

「新年度26億円の減収に」

新春市長インタビュー

「新年度26億円の減収に」 政治

リーマンショック並み予測

1月1日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク