鎌倉版 掲載号:2018年11月30日号 エリアトップへ

神奈川工業技術開発大賞 ハイレゾ機器測定で奨励賞 (株)サザン音響 稲永代表

経済

掲載号:2018年11月30日号

  • LINE
  • hatena
稲永代表と、開発した人工耳・人工口を内蔵したダミーヘッド
稲永代表と、開発した人工耳・人工口を内蔵したダミーヘッド

 県内の中堅・中小企業が開発した優れた技術・製品に贈られる「神奈川工業技術開発大賞」がこのほど発表され、市内笛田の(株)サザン音響(稲永潔文代表)の製品が奨励賞に選ばれた。

 この表彰は神奈川県と神奈川新聞社が共催するもので、今年で35回目。

 評価されたのは、超音波の測定技術を応用し、ハイレゾリューション対応機器を測定する装置。同社が初めて開発し、大手オーディオメーカーなど、世に出ているハイレゾ機器の多くが同社の装置を製品開発に活用しているという。

 そもそも「ハイレゾ」の定義が定められたのは4年半前。オーディオや通信機器の進歩に伴い、CDに記録できなかった広い領域の周波数に対応したハイレゾ音源(音楽や音声)が配信されるようになった。それに合わせ、ヘッドホンやマイクロホンなどの対応製品も次々と開発されていった。

 だが、製品テストや開発に必要な性能測定を行うには、ハイレゾ音源の広帯域に未対応の従来の装置では不十分でメーカーでも課題となっていた。

 同社では、定義化以前からハイレゾに着目し、いち早く開発を開始。人間の聴覚を再現した人工耳型のマイク、人工耳を動作させる広帯域マイクアンプ、人工口型の特殊スピーカー、人工耳と人工口を搭載するダミーヘッドの4つを完成させた。

 20キロヘルツ程度までしか測定できなかった従来の装置に対し、開発した装置では超音波領域(100キロヘルツ程度)まで測定できるだけでなく、人の聴覚・発音を再現したことにより、人が受ける影響なども把握できるようになった。

 「例えば大きな音と同じく超音波も聞き続けると難聴になります。歯の治療器具の超音波を測定し、長時間使う歯科医のために超音波の影響を受けにくい防音製品を開発したり、器具そのものを改良したりすることも可能です」と稲永代表。

世界初目指して

 元々ソニーで、ゲーム用エフェクターやサラウンドスピーカーなど、音響機器を専門に開発をしていたという稲永代表。定年を迎え、「やりたいことに挑戦しよう」と8年前、会社を設立した。

 従業員は稲永代表1人。複数の中小企業と共に開発を進めてきた。「プロジェクトリーダーみたいなもので、やっていること自体は会社員時代と同じ。相手が社外の人というだけ」と笑う。目指すのは常に「世界初」だ。

鎌倉版のローカルニュース最新6

Zoomの使い方を体験

Zoomの使い方を体験 文化

NPOセンターが講座

6月11日号

グラウンド 今秋開設へ

鎌倉インテル

グラウンド 今秋開設へ スポーツ

来週中にも工事開始

6月11日号

カラフルな地域マップ作成

カラフルな地域マップ作成 社会

鎌倉表駅商友会

6月11日号

廃棄野菜でカレーペースト

廃棄野菜でカレーペースト 社会

Z世代の若者が企画・作成

6月11日号

教育現場でICT活用を

教育現場でICT活用を 教育

市教委が私立学校、出版社と協定

6月11日号

雅楽の面白さ知って

雅楽の面白さ知って 文化

芸術館で入門講座

6月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter