鎌倉版 掲載号:2019年3月1日号 エリアトップへ

鎌倉市 岩瀬隧道の通行再開 昨年5月に土砂剥落

社会

掲載号:2019年3月1日号

  • LINE
  • hatena
ライナープレートで補強された素掘り部分
ライナープレートで補強された素掘り部分

 鎌倉市は2月28日、岩瀬隧道の通行を再開した。昨年5月にトンネル内で土砂の剥落が発見されたため、通行止めにして補強工事が行われていた。

 岩瀬隧道は全長約92m。坑口の両側約46m分はコンクリートブロックで覆われていたものの、中間部分の約46mは素掘りとなっていた。

 土砂の剥落が発生したのは、小袋谷側の坑口から約24mの素掘り地点。昨年5月29日午前5時30分頃に大船警察署から市に対し、土砂の剥落と安全対策のために通行止めを実施しているとの連絡が入り、市職員が現場に駆け付けたところ約1・5㎥の土砂が剥落しているのを確認した。

 その後、市職員が専門家と調査を行ったところ「現場の地層は砂質層と泥質層が何層にも積み重なっており、地下水が入り込んだことによって砂質層が軟弱化して岩塊が落下したと想定される。今後も同様の剥落が発生する可能性が高い」と判断されたため、通行止めを継続し安全対策が実施されることになった。

 昨年7月から始まった工事では、素掘り部分をライナープレートと呼ばれる金属の板で覆ったほか、坑口付近のコンクリートブロックが設置された部分にもFRP(繊維強化プラスチック)を吹き付けて補強した。総工費は約2億1千万円。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

海岸トイレ入り口に段差

海岸トイレ入り口に段差 社会

砂流出により数十cm

5月24日号

93歳で初主演映画が完成

長谷在住加藤茂雄さん

93歳で初主演映画が完成 文化

6月1日、光明寺で上映会

5月24日号

研修所として再生利活用

旧村上邸

研修所として再生利活用 文化

地元不動産事業者が運営

5月17日号

レスキューボードを導入

鎌倉消防署七里ガ浜出張所

レスキューボードを導入 社会

水難救助の迅速化図る

5月17日号

市制80周年記念ロゴ決定

市制80周年記念ロゴ決定 社会

作者は第二小の石井さん

5月1日号

「令和」につないだ万葉の心

「令和」につないだ万葉の心 文化

学僧・仙覚の功績に注目も

5月1日号

優先対象と期間を拡大

江ノ電社会実験

優先対象と期間を拡大 社会

住民の声を反映

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク