鎌倉版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

大船行政センター 安全対策で壁画撤去 地元学生が3年前に制作

社会

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena
ブロック塀の頃(上)と現在の様子
ブロック塀の頃(上)と現在の様子

 鎌倉市大船行政センター敷地内のブロック塀が安全対策のため、フェンスへと変更された。撤去されたブロック塀には、地元の学生が壁画を描き、利用者の目を楽しませていたため、惜しむ声が上がっている。大船支所では、センター内に作品を写真として展示しようと現在準備を進めている。

 鎌倉市では、昨年6月の大阪北部地震で女児がブロック塀の下敷きになり死亡した事故を受けて、市有地を対象に調査を実施した。建築基準法を基に安全性を確認し、対策が必要と判断されたのは27用地で、同センターはそのうちの1つだった。

 今回改修された箇所は、センターの入り口から駐車場にかけての20〜30メートルのブロック塀部分。最も高い箇所は2メートル以上あり、人や車の交通量も多く、早く対策すべきと判断され、2月から3月末にかけて改修工事が行われた。

作品の写真展示へ

 ブロック塀には、市立岩瀬中学校、北鎌倉女子学園中学校高等学校、県立大船高校の学生が「大船」「鎌倉」をテーマにした絵を描いていた。

 これは同支所からの依頼を受けて、2015年11月から数カ月かけて制作されたもので、作業段階から利用者の評判も良く、支所としても強い思い入れがあったという。元々、10年程度は残しておく予定だったが、昨年の調査で、安全対策が必要と分かったため、各校に状況を説明し、やむなく撤去することになったという。

 現在、「せっかく学生が時間をかけて描いてくれた作品。そのまま撤去するだけではもったいない」と、各校の作品を写真として展示しようという話が持ち上がっている。

 ゴールデンウィークまでには始めようと、準備を進めており「駐車場側入り口の壁に展示する予定。一番利用者の目に入りやすいはず」と同支所職員は話す。

残りは18用地

 市公的不動産活用課によると、昨年度中に安全対策を行ったのは、対象となる27用地のうち、9用地。さらに今年度は9用地で実施し、残りは次年度以降、順次進めていく予定という。

鎌倉版のトップニュース最新6

5千円電子クーポン配布へ

5千円電子クーポン配布へ 経済

12月15日から利用可能

10月16日号

「困窮者世帯に食料を」

ふらっとカフェ鎌倉

「困窮者世帯に食料を」 社会

「パントリー」実施へ資金募る

10月16日号

免許返納者に助成券交付へ

免許返納者に助成券交付へ 社会

事故防止と外出機会増狙う

10月9日号

空撮映像、観光に活用へ

空撮映像、観光に活用へ 社会

ドローン協会が県と連携

10月9日号

宿泊施設へ手荷物配送

宿泊施設へ手荷物配送 経済

市観光協会が新サービス

10月2日号

スタンプ集めて地元応援

稲村ガ崎

スタンプ集めて地元応援 コミュニティ社会

24店参加の「ラリー」開催

10月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク