鎌倉版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

大船行政センター 安全対策で壁画撤去 地元学生が3年前に制作

社会

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena
ブロック塀の頃(上)と現在の様子
ブロック塀の頃(上)と現在の様子

 鎌倉市大船行政センター敷地内のブロック塀が安全対策のため、フェンスへと変更された。撤去されたブロック塀には、地元の学生が壁画を描き、利用者の目を楽しませていたため、惜しむ声が上がっている。大船支所では、センター内に作品を写真として展示しようと現在準備を進めている。

 鎌倉市では、昨年6月の大阪北部地震で女児がブロック塀の下敷きになり死亡した事故を受けて、市有地を対象に調査を実施した。建築基準法を基に安全性を確認し、対策が必要と判断されたのは27用地で、同センターはそのうちの1つだった。

 今回改修された箇所は、センターの入り口から駐車場にかけての20〜30メートルのブロック塀部分。最も高い箇所は2メートル以上あり、人や車の交通量も多く、早く対策すべきと判断され、2月から3月末にかけて改修工事が行われた。

作品の写真展示へ

 ブロック塀には、市立岩瀬中学校、北鎌倉女子学園中学校高等学校、県立大船高校の学生が「大船」「鎌倉」をテーマにした絵を描いていた。

 これは同支所からの依頼を受けて、2015年11月から数カ月かけて制作されたもので、作業段階から利用者の評判も良く、支所としても強い思い入れがあったという。元々、10年程度は残しておく予定だったが、昨年の調査で、安全対策が必要と分かったため、各校に状況を説明し、やむなく撤去することになったという。

 現在、「せっかく学生が時間をかけて描いてくれた作品。そのまま撤去するだけではもったいない」と、各校の作品を写真として展示しようという話が持ち上がっている。

 ゴールデンウィークまでには始めようと、準備を進めており「駐車場側入り口の壁に展示する予定。一番利用者の目に入りやすいはず」と同支所職員は話す。

残りは18用地

 市公的不動産活用課によると、昨年度中に安全対策を行ったのは、対象となる27用地のうち、9用地。さらに今年度は9用地で実施し、残りは次年度以降、順次進めていく予定という。

鎌倉版のトップニュース最新6

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

「教育現場に外部の力を」

鎌倉市

「教育現場に外部の力を」 教育

連携へ資金募集開始

1月1日号

「新年度26億円の減収に」

新春市長インタビュー

「新年度26億円の減収に」 政治

リーマンショック並み予測

1月1日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク