鎌倉版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

鎌倉市 「妊婦歯科健診」スタート 歯科医師会と連携

社会

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena
歯や歯ぐきの状態のチェックを受ける妊婦
歯や歯ぐきの状態のチェックを受ける妊婦

 鎌倉市は6月5日から、市内在住の妊婦を対象とした無料の歯科健診事業をスタートさせた。妊娠中は口内のトラブルが起きやすく、近年は胎児への影響も指摘されている。市担当者は「お母さんと生まれてくる赤ちゃんの健康のためにもぜひ制度の利用を」と呼びかける。

 これは子育て支援策の一つとして、(一社)鎌倉市歯科医師会(田中直人会長)に市が委託し、今年度から始まったもの。

 対象となるのは市内に住所がある妊娠中の女性で、現在、母子健康手帳とともに受診券や健診を受けられる医療機関(85カ所)の一覧が配布されている。

 希望者は事前に医療機関に予約をした上で受診すると、歯や歯ぐきの状態、歯石の付着具合についてのチェックとともに、歯みがきの指導などを受けることができる。受診回数は1回。

 妊娠中は女性ホルモンの影響で細菌が繁殖し歯ぐきの炎症が起こりやすくなるほか、つわりがひどい場合などは歯みがきがしづらく、口内の環境が悪化しやすい。

 重度の歯周病がある母親は、低体重児が生まれたり早産のリスクが高いデータがあるなど、近年、妊娠中の口腔ケアの重要性が認識されるようになっているという。

 従来も県の事業として鎌倉保健福祉事務所で歯と歯ぐきの検診を実施していたが、市内に約1千人と言われる妊婦のうち、受診は1年で数十人にとどまっていたことから、市独自の取り組みをスタートさせた。

 市内大町の歯科医院で受診した妊娠6カ月の女性(29)は「通知を見て受診した。これまで口の中の健康について特に意識したことはなかったので、今日受けたアドバイスを普段の生活で生かしたい」と話していた。

 制度の詳細は市市民健康課【電話】0467・61・3944へ。

鎌倉版のトップニュース最新6

陽性者累計505人に

鎌倉市内新型コロナ

陽性者累計505人に 社会

1週間で78人増

1月22日号

食品の配布会、初開催

ふらっとカフェ

食品の配布会、初開催 社会

「パントリー」実現へ第一歩

1月22日号

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク