鎌倉版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

稲村ガ崎の歩道80cm沈下 交通規制長期化も

社会

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
通行止めになっている歩道(8月19日撮影)
通行止めになっている歩道(8月19日撮影)

 稲村ガ崎2丁目にある国道134号沿いの海側の歩道が8月13日、高波の影響で陥没した。現場の沈下が続いていることから、歩道への立ち入り禁止や車道の片側交互通行が行われている。修復工事は実施のめども立っておらず、交通規制は長期間にわたって続くとみられる。

 稲村ガ崎の歩道が陥没していると8月13日、110番通報があり、同日県藤沢土木事務所が現場を確認。歩道下の擁壁が崩れ、歩道ブロックの舗装が壊れていたという。台風10号などの影響で、数日間にわたって押し寄せた高波が、陥没の原因とみられる。けが人はいなかった。

 これにより県は、沈下した部分を含む歩道約250mを通行止めにし、また車道も50mほど片側交互通行にした。海水浴シーズンで交通量が多いこともあり周辺では渋滞が断続的に発生している。

復旧のめど立たず

 同事務所によると、当初確認した約40cmの沈下は8月20日現在で、80cmほどまで広がっているという。被害の拡大を防ぐため海岸に消波ブロックを設置するなどの応急処置を実施している。ただ、「修復工事は大がかりになることが予想される。まだ工程を明確にするための調査をしている段階」とし、復旧のめどは立っていない。

 担当者は「早期の対応はしているが、安全を確保できるまでは通行、交通規制を継続しなければならない」としている。

鎌倉版のトップニュース最新6

鎌倉限定発泡ワイン完成

鎌倉限定発泡ワイン完成 経済

市内飲食店で販売開始

9月20日号

車両通行「10月中旬に」

玉縄地区「栄光坂」

車両通行「10月中旬に」 社会

バスは経路を変更

9月20日号

送迎バス活用し外出支援

送迎バス活用し外出支援 社会

1法人2カ所で実施中

9月13日号

「最強台風」大きな爪あと

「最強台風」大きな爪あと 社会

倒木・土砂崩れ450件超

9月13日号

住民主体の防災訓練開催

住民主体の防災訓練開催 社会

8日に関谷小校庭で

9月6日号

健康増進へ生保と協定

鎌倉市

健康増進へ生保と協定 社会

未病改善など5項目検討

9月6日号

主婦目線の情報サイト刷新

主婦目線の情報サイト刷新 社会

子育てから介護まで網羅

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク