鎌倉版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

稲村ガ崎の歩道80cm沈下 交通規制長期化も

社会

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
通行止めになっている歩道(8月19日撮影)
通行止めになっている歩道(8月19日撮影)

 稲村ガ崎2丁目にある国道134号沿いの海側の歩道が8月13日、高波の影響で陥没した。現場の沈下が続いていることから、歩道への立ち入り禁止や車道の片側交互通行が行われている。修復工事は実施のめども立っておらず、交通規制は長期間にわたって続くとみられる。

 稲村ガ崎の歩道が陥没していると8月13日、110番通報があり、同日県藤沢土木事務所が現場を確認。歩道下の擁壁が崩れ、歩道ブロックの舗装が壊れていたという。台風10号などの影響で、数日間にわたって押し寄せた高波が、陥没の原因とみられる。けが人はいなかった。

 これにより県は、沈下した部分を含む歩道約250mを通行止めにし、また車道も50mほど片側交互通行にした。海水浴シーズンで交通量が多いこともあり周辺では渋滞が断続的に発生している。

復旧のめど立たず

 同事務所によると、当初確認した約40cmの沈下は8月20日現在で、80cmほどまで広がっているという。被害の拡大を防ぐため海岸に消波ブロックを設置するなどの応急処置を実施している。ただ、「修復工事は大がかりになることが予想される。まだ工程を明確にするための調査をしている段階」とし、復旧のめどは立っていない。

 担当者は「早期の対応はしているが、安全を確保できるまでは通行、交通規制を継続しなければならない」としている。

鎌倉版のトップニュース最新6

台風乗り越え拝殿完成

佐助稲荷神社

台風乗り越え拝殿完成 文化

施工は「日本最古の企業」金剛組

2月14日号

SDGs達成へ連携強化

SDGs達成へ連携強化 社会

市とJCが「協働宣言」

2月14日号

感染防止へ対策確認

新型コロナウイルス

感染防止へ対策確認 社会

市は情報発信など徹底

2月7日号

一般会計642億円に

2020年度当初予算案

一般会計642億円に 政治

トイレ改修など4.8%増

2月7日号

「茶々のり弁」が最優秀賞

スズキヤ

「茶々のり弁」が最優秀賞 経済

西鎌倉店スタッフが開発

1月31日号

最強布陣で過去最高位狙う

最強布陣で過去最高位狙う スポーツ

2月9日、かながわ駅伝開催

1月31日号

昨年比半減の90人に

待機児童

昨年比半減の90人に 社会

定員190人拡大が奏功

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

僧侶と歩く十三仏参り

僧侶と歩く十三仏参り

3月末に2日間開催

3月30日~3月31日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク