鎌倉版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

スズキヤ 「茶々のり弁」が最優秀賞 西鎌倉店スタッフが開発

経済

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena
「茶々のり弁」を持つ平田店長と中戸川さん
「茶々のり弁」を持つ平田店長と中戸川さん

 鎌倉市などにスーパーマーケットを展開するスズキヤの「鮭と彩り野菜の茶々のり弁」がこのほど、全国のスーパー等が集まって開かれる「お弁当・お惣菜大賞2020」のり弁部門(定番商品部門)で最優秀賞を受賞した。開発したのは、西鎌倉店の平田直史店長と惣菜部門でチーフを務める中戸川麻生子さん。同社は昨年、カツ丼カツ重部門でも最優秀賞に選ばれており、2年連続の受賞となった。

 このコンテストは、1250社、約1万店が加盟する全国スーパーマーケット協会が開催している商談会での企画。9回目を迎える今年は弁当や惣菜、丼、おにぎりなど、11部門に5万件以上の応募が寄せられた。

 スズキヤの「茶々のり弁」は、半分ほど食べてから付属の「お吸い物」と湯をかけてお茶漬け風にして食べる斬新なアイデアが評価され、最優秀賞を受賞。また、「スズキヤ自家製ブイヤベース」が惣菜部門で優秀賞を獲得したほか、5品が入選した。

現場で開発

 同社では、応募にあたり、各店舗の店長を中心にチームを結成。開発するメニューごとに担当を決めて準備を進めた。

 平田店長と中戸川さんに与えられたテーマは「のり弁」。昨年5月からアイデアを出し合い、「お茶漬けが好物」という中戸川さんが発案した今までにない組み合わせに挑んだ。鮭は骨を取り除き、他の具材も通常の半分にカット。食べやすさを追求し、のり弁のイメージを変えることにも挑戦。「男性だけでなく、女性や高齢の方にも手に取ってもらえるように」と平田店長は狙いを語る。

 今月10日より全店で販売をはじめ、早速人気商品に。西鎌倉店では、1日に30個以上売れることもあり、平田店長は「通常の弁当の数倍以上。こんなことは初めて」と反響に驚き、中戸川さんは「美味しかったからまた買いに来たというお客様もいらっしゃり、とても嬉しい」と笑顔で語っていた。

鎌倉版のトップニュース最新6

宝飾美術館計画が頓挫

野村総合研究所跡地

宝飾美術館計画が頓挫 社会

事業者が辞退届提出

3月5日号

震災10年東北思う1日に

震災10年東北思う1日に 社会

7日、オンラインイベント

3月5日号

渋滞解消アプリを提案

渋滞解消アプリを提案 社会

樋口さん兄弟が最終審査へ

2月26日号

1週間で10人増

新型コロナ市内陽性者

1週間で10人増 社会

累計582人に

2月26日号

一般会計は前年比29億円減

2021年度当初予算案

一般会計は前年比29億円減 政治

コロナ対策と将来施策を両立

2月19日号

「累計5万件」の安心をお届け

施工件数でわかる”信頼の証” 給湯器節水トイレ

「累計5万件」の安心をお届け 社会

急な故障の前にご相談を

2月19日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク