鎌倉版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

SDGs達成へ連携強化 市とJCが「協働宣言」

社会

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena
協定書を交わした松尾市長(左)と牧田理事長
協定書を交わした松尾市長(左)と牧田理事長

 鎌倉市と(公社)鎌倉青年会議所(牧田芳明理事長)が2月4日、「SDGs協働推進宣言」を行った。今後は互いのイベントに協力することなどを通じて、持続可能な社会の実現を目指していく。

 SDGs(持続可能な開発目標)は、2015年9月の国連サミットで採択された30年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標で、17のゴール・169のターゲットによって構成されている。

 鎌倉市は2018年6月、国から「SDGs未来都市」に選定されており、20年度から始まる第4期基本計画に理念や達成に向けた取り組みを進めていくことを盛り込んでいる。

 今回の宣言は、同じくSDGs推進を掲げる鎌倉青年会議所からの提案を受けて、連携強化を目的に行われたもの。同団体の2月例会に合わせて、調印式が行われた。

 牧田理事長は「SDGsは自分たちだけでなしえる目標ではなく、そのためのパートナーが必要。こうして鎌倉市と連携できることはうれしい。今日の宣言が、一人ひとりがやるべきことを考え、SDGsを実行していくためのきっかけになれば」とあいさつ。

 また出席した松尾崇市長は「青年会議所の皆さんが、鎌倉の未来のために新たな取り組みに協力してくれることは本当にありがたい。鎌倉の次世代を担う子どもたちとも一緒になって、SDGsを発信していきたい」と話した。

 今後は青年会議所が開催するイベントに市が協力するなどして、SDGsの理念の達成を目指すとしている。

「推進隊」結成へ

 市は取り組みの一環として、次代の鎌倉のまちづくりを担う子どもたちのSDGs達成に向けた取り組みを後押しする「鎌倉市SDGs推進隊」の募集を開始した。

 対象は、SDGs達成に向けた取り組みをしている、またはしたいという市内在住・在学の小中学生。推進隊に登録後は、勉強会などに参加し、個人やグループで活動する予定。

 参加希望者は、市のホームページから登録申込書をダウンロードして記入の上、〒248―8686鎌倉市御成町18―10鎌倉市共創計画部企画計画課に郵送するか、【メール】kikaku@city.kamakura.kanagawa.jpへ。

 問い合わせは同課【電話】0467・23・3000内線2646へ。

鎌倉版のトップニュース最新6

国重文・有形文化財に4件

国重文・有形文化財に4件 文化

正伝庵所蔵の木像など

3月27日号

4月1日一部通行再開へ

葛原岡・大仏ハイキングコース

4月1日一部通行再開へ 社会

台風被害から約半年ぶり

3月27日号

材木座交番 来年3月で廃止

材木座交番 来年3月で廃止 社会

県警の統廃合計画で

3月20日号

鎌倉走る4人を決定

聖火リレー県実行委

鎌倉走る4人を決定 文化

バレエの上野水香さんら

3月20日号

ふるさと納税で事業者支援

ふるさと納税で事業者支援 社会

コロナ影響の外食店などPR

3月13日号

子ども服難民キャンプに

小坂小4年生

子ども服難民キャンプに 教育

パレスチナ問題学び支援活動

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク