鎌倉版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

鎌倉市教育委員会 オンラインHR(ホームルーム)実施へ 休校中の生活改善目指す

教育

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena
配布予定のタブレット端末学習コンテンツも閲覧できる
配布予定のタブレット端末学習コンテンツも閲覧できる

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で休校が長期化するなか、鎌倉市教育委員会ではインターネットを活用して学校と家庭をつなぎ、児童・生徒の生活を支援する「オンラインホームルーム」の実施を決めた。機器やネット環境が整わない家庭には、専用のタブレット端末を配布。今後、試験運用を経て本格実施を目指す。

 休校期間中の学習について市は、担任が自宅学習用のプリントを作成して各家庭に配布しているほか、市ホームページでオンラインの学習コンテンツを紹介するなどのサポートを行ってきた。

 ただ、自宅で過ごす時間が増えたことで長時間にわたってゲームをしたり、昼夜が逆転するなど、子どもたちの生活リズムの乱れが懸念されている。

 そこで実施を決めたのが「オンラインホームルーム」。ネット上で教師やクラスメイトと顔を合わせることで、一定の生活リズムを取り戻すことが狙いだ。教師にとっては、子どもたちの顔や話しぶりから心身の健康状態を把握できるメリットもある。

 ネット環境が整わなかったり、機器がない家庭で希望する場合には専用のタブレット端末を配布することも決定。市は4月28日、30日に開かれた市議会臨時会に提出した補正予算案に、関連する費用約1億6千万円を盛り込んだ。

 市教委では4月下旬から市立小・中学校の児童・生徒のいる家庭に向けて、「インターネット機器があるか」や「Wi-Fiに接続できるか」のほか、タブレット端末の配布を希望するかについてのアンケートを実施。その結果、5月19日時点で約1千件の申し込みがあり、20日から家庭への端末の配布を順次開始した。

 タブレット端末は「家庭に1台」が原則。兄弟姉妹がいる場合などは、同時にホームルームが実施できない場合もあるため、学年やクラスごとに時間をずらすなど、各学校が柔軟に運用する、という。

 市教委では「最初は操作やネットへの接続がうまくいかない場合なども想定される。端末の配布状況なども見ながら試験運用を実施し、参加する児童・生徒を徐々に増やしていきたい。緊急事態宣言が解除されてもしばらくは分散登校の実施などが想定されるので、家庭と学校をつなぐツールとして活用していきたい」と話している。

鎌倉版のトップニュース最新6

最先端IT研究所に

野村総研跡地

最先端IT研究所に 社会

市 事業概要を発表

5月7日号

砂浜へのスロープ完成

由比ヶ浜海岸

砂浜へのスロープ完成 社会

バリアフリー化が前進

5月7日号

新人健闘7氏が議席獲得

鎌倉市議会議員選挙

新人健闘7氏が議席獲得 政治

投票率は48・73%

4月30日号

49カ所が「危険バス停」に

49カ所が「危険バス停」に 社会

国交省が新たに発表

4月30日号

施設と高校でクラスター

新型コロナ

施設と高校でクラスター 社会

7日間で33人増の688人に

4月23日号

高齢者に接種券を郵送

新型コロナワクチン

高齢者に接種券を郵送 社会

5月10日から予約受付

4月23日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter