鎌倉版 掲載号:2020年6月12日号 エリアトップへ

鎌倉市観光協会が販売する「2020納涼うちわ」の絵柄を手掛けた 濱岡 朝子さん 藤沢市在住 47歳

掲載号:2020年6月12日号

  • LINE
  • hatena

「日常から生まれる美」表現

 ○…鎌倉市観光協会が販売し、全国的な人気を誇る「納涼うちわ」の作画を手掛けた。扇面いっぱいにタチアオイやヒマワリ、ダリアがあしらわれた明るくポップな絵柄が話題で、購入者からは「元気をもらえた」「幸せな気分になった」という声が寄せられる。「もともと若い人にも手に取ってほしいと描いたものですが、コロナ禍で沈んだ気持ちを少しでも和らげてもらえたのならありがたい」と微笑む。

 ○…東京都出身。高校生の頃の夢は「丸の内OLになること」だったという。しかし早くから絵の才能を認めていた母親からの後押しもあり、東京芸術大学に進学。入学後は真鍮など金属を使った立体表現に没頭した。しかし卒業を控えて「迷いが生じた」。再び絵画を表現の手段とすることを決めた時、同大で教鞭をとっていた日本画家の中島千波さんと出会う。大学院では中島さんの研究室で研鑽を積みながら自分らしい表現を模索。ゲーム会社での勤務などを経て、画家として活動を本格化させた。

 ○…現在は花や小動物、空想上の建物を暖かな筆致で描いた作品で多くのファンを獲得、百貨店やギャラリーでの個展を続けている。「作品は道端の風景や日常で感じた喜びがモチーフになることが多い。そこに共感してくれる人が増えていくことはうれしい」

 ○…結婚と出産を機に江の島にほど近い場所に住まいを移した。「行き詰まっても海を眺めると視界が広がる感覚になる」という。小学5年生と幼稚園年長の男の子の子育て真っ最中。創作は専ら子どもたちが眠ったわずかな時間だ。「両立はもちろん大変ですが、描くことはずっと続けていきたい。一つのスタイルに縛られず、新しい表現に挑み、それを自分自身が楽しんでいけたら」

鎌倉版の人物風土記最新6

和田 冨岳さん(本名:和田冨士子)

70周年を迎えた鎌倉彫刀華会の会長を務める

和田 冨岳さん(本名:和田冨士子)

長谷在住 80歳

4月16日号

菅原 朝美さん

「アルファベットカード」の製作、放課後かまくらっ子への配布を目指す

菅原 朝美さん

藤沢市在住 42歳

4月9日号

河本 蓮大朗さん

古着で織った作品を建長寺などで展示する染織作家

河本 蓮大朗さん

二階堂在住 29歳

4月2日号

高畠(たかはたけ) 薫さん

動画投稿サイトの「寺歌」シリーズが話題の歌手

高畠(たかはたけ) 薫さん

山ノ内在住 41歳

3月26日号

染川 真弓さん

「音楽で世界を旅する」をテーマに、コンサートを開催するピアニスト

染川 真弓さん

常盤在住 51歳

3月12日号

板生 郁衣さん

西洋哲学の入門書『14歳からの哲学サロン』(銀の鈴社)を出版した

板生 郁衣さん

浄明寺在住 74歳

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter