鎌倉版 掲載号:2020年6月12日号 エリアトップへ

鎌倉市観光協会が販売する「2020納涼うちわ」の絵柄を手掛けた 濱岡 朝子さん 藤沢市在住 47歳

掲載号:2020年6月12日号

  • LINE
  • hatena

「日常から生まれる美」表現

 ○…鎌倉市観光協会が販売し、全国的な人気を誇る「納涼うちわ」の作画を手掛けた。扇面いっぱいにタチアオイやヒマワリ、ダリアがあしらわれた明るくポップな絵柄が話題で、購入者からは「元気をもらえた」「幸せな気分になった」という声が寄せられる。「もともと若い人にも手に取ってほしいと描いたものですが、コロナ禍で沈んだ気持ちを少しでも和らげてもらえたのならありがたい」と微笑む。

 ○…東京都出身。高校生の頃の夢は「丸の内OLになること」だったという。しかし早くから絵の才能を認めていた母親からの後押しもあり、東京芸術大学に進学。入学後は真鍮など金属を使った立体表現に没頭した。しかし卒業を控えて「迷いが生じた」。再び絵画を表現の手段とすることを決めた時、同大で教鞭をとっていた日本画家の中島千波さんと出会う。大学院では中島さんの研究室で研鑽を積みながら自分らしい表現を模索。ゲーム会社での勤務などを経て、画家として活動を本格化させた。

 ○…現在は花や小動物、空想上の建物を暖かな筆致で描いた作品で多くのファンを獲得、百貨店やギャラリーでの個展を続けている。「作品は道端の風景や日常で感じた喜びがモチーフになることが多い。そこに共感してくれる人が増えていくことはうれしい」

 ○…結婚と出産を機に江の島にほど近い場所に住まいを移した。「行き詰まっても海を眺めると視界が広がる感覚になる」という。小学5年生と幼稚園年長の男の子の子育て真っ最中。創作は専ら子どもたちが眠ったわずかな時間だ。「両立はもちろん大変ですが、描くことはずっと続けていきたい。一つのスタイルに縛られず、新しい表現に挑み、それを自分自身が楽しんでいけたら」

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク