鎌倉版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

長谷寺 「絆観音菩薩像」を開眼 本尊造立当時を復元

文化

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena
本尊・十一面観音像の前で開眼法要を受ける尊像「絆観音菩薩像」=18日撮影
本尊・十一面観音像の前で開眼法要を受ける尊像「絆観音菩薩像」=18日撮影

 長谷寺(竹石元美山主・浄土宗系単立)で4月18日、本尊・十一面観音像の造立当時を復元した「絆観音菩薩像」の開眼法要が行われた。

 この像は「本尊造立1300年」を記念して、本尊が造立された奈良時代の意匠を元に、像容を想定して復元された。本尊と同じクスノキが使われ、一木造りで像高は100cmほど(台座など含め約170cm)。

 作者は彫刻家の中村恒克さん=人物風土記で紹介。制作に1年以上を費やした。「制作当初からコロナで社会が一変。こんな時代だからこそ、この絆観音菩薩像が皆さんにとって心休まる存在になれば」と中村さん。

 絆観音菩薩像は本堂内で安置され拝観可能。像の乾燥が進んだ2、3年後には、本尊と同じように金箔が施される。

鎌倉版のローカルニュース最新6

国に提案書を提出

スーパーシティ構想 鎌倉市

国に提案書を提出 社会

5月7日号

子ども防犯対策を配信

子ども防犯対策を配信 社会

鎌倉ガーディアンズ

5月7日号

「近距離観光」で大河を予習

地元異業種の会

「近距離観光」で大河を予習 文化

初回ツアーに14人

5月7日号

今年は静かに見とれて

今年は静かに見とれて 文化

文学館のバラまつり

5月7日号

公営駐車場が閉鎖

公営駐車場が閉鎖 社会

市内5カ所 11日まで

5月7日号

陽性判明者の詳細はHPへ

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter