鎌倉版 掲載号:2021年7月2日号 エリアトップへ

鎌倉市 「高潮マップ」作成へ 台風シーズン前までに

社会

掲載号:2021年7月2日号

  • LINE
  • hatena
高潮浸水予想区域図の一部(浸水区域及び浸水深)=神奈川県作成。水色は浸水深1m〜3m、緑色は0・5m〜1m、オレンジは0・3m〜0・5m、黄色は0・01m〜0・3m
高潮浸水予想区域図の一部(浸水区域及び浸水深)=神奈川県作成。水色は浸水深1m〜3m、緑色は0・5m〜1m、オレンジは0・3m〜0・5m、黄色は0・01m〜0・3m

 鎌倉市は現在、神奈川県が今年5月に指定した「高潮浸水想定区域」をもとに、ハザードマップの作成を急いでいる。台風の本格シーズンを迎える前に周知を図りたい考えで、ウェブ上での公表を予定している。

 高潮とは、台風や発達した低気圧が通過する際、海水面が大きく上昇する気象現象。満潮と高潮が重なると水位がさらに高くなり、大きな災害が発生しやすくなる。

 県は5月、高潮の避難体制を強化するため、相模灘沿岸における「高潮浸水想定区域」を指定した。想定される最大規模の高潮をもとに算出され、鎌倉市を含む13市町の計17・7平方Kmが公表された。

 鎌倉市は浸水面積0・2平方Km、最大浸水深3・1m、浸水継続時間の最大値は24時間。最大浸水面積と浸水深は小田原市の6・1平方Km、5・3m、浸水最大継続時間は三浦市の93時間となっている。

 想定区域によると、鎌倉市内では、海抜の低い坂ノ下の海岸沿いのほか、腰越から材木座海岸までの沿岸、神戸川、滑川の河川沿いなどが高潮の被害を受けるとしている。

 指定を受け鎌倉市は、ハザードマップ作製を急いでいる。台風シーズンの秋までには住民に周知を図る予定で、8月中にウエブ上での公表となる見込みだ。市はこれまでに、地震や津波、洪水などのハザードマップを作成しているが、高潮については初。市防災課は、「高潮の被害は台風などと重なることが多く、甚大な被害をもたらすこともある。避難指示などの避難情報の発令前の行動が大事」とし、台風接近前の避難の徹底や、台風接近後の垂直避難などを呼び掛けている。周知に関しては、状況を見極めて、ウェブ以外での案内も検討しているとしている。

台風による高潮被害を受けた坂ノ下海岸(2017年10月)
台風による高潮被害を受けた坂ノ下海岸(2017年10月)

鎌倉版のトップニュース最新6

大河ツアー、3カ月で千人

ガイド協会

大河ツアー、3カ月で千人 文化

参加者数が徐々に回復

6月24日号

女性議員率、鎌倉は7番目

33市町村議会調査

女性議員率、鎌倉は7番目 政治

「産休」「育休」は早々に明文化

6月24日号

3月6日「鎌倉作務衣の日」

3月6日「鎌倉作務衣の日」 文化

鎌倉シャツが申請し認定

6月17日号

関東優勝でインハイへ

関口拓真さん(深沢高)

関東優勝でインハイへ スポーツ

自転車・ロードレース

6月17日号

廃プラで街のベンチ制作

廃プラで街のベンチ制作 社会

慶應SFCが大町に研究所

6月10日号

SDGs、「Z世代」も動く

SDGs、「Z世代」も動く 社会

イベントに全国から150人

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook