鎌倉版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

大雨被害 倒木・がけ崩れ各地で 月平均2倍強の降水量

社会

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena
砂押川泉橋付近(今泉台2丁目)で護岸が崩落した(3日午前9時、読者撮影)
砂押川泉橋付近(今泉台2丁目)で護岸が崩落した(3日午前9時、読者撮影)

 停滞する梅雨前線の影響で7月1日から4日にかけ、記録的な大雨に見舞われた鎌倉市。人的被害はなかったものの、倒木11件、がけ崩れ7件が発生。避難所も開設され、7人が避難した。

 市は、3日午前1時55分に気象庁による土砂災害警戒情報の発表を受けて、市全域に警戒レベル4に相当する「避難指示」を発令。続いて避難所を本庁舎、支所4カ所に設置した(3日午後9時40分まで)。

 市のまとめによると、7月1日午前0時から4日午後10時までの総雨量は341・5mmで、7月の平均降水量159・6mm(藤沢・辻堂)の2倍以上を4日間で観測した。時間最大雨量は、3日午前3時までの1時間で32・5mm。総雨量は2019年の台風15号(191mm)、19号(217mm)より多かった。

 市内各地で停電が発生し、二階堂で約370世帯(2日午後9時29分〜3日午前7時21分)、植木で約450世帯(3日午前10時51分〜午後2時21分)、城廻で約30世帯(同)が被害を受けた。

 市は、気象警報や避難指示などの情報を防災無線と防災メールで発信。また3日午前3時20分にコールセンターを開設し、市民からの問い合わせに対応。同日午後5時に閉鎖するまで、「マンホールから水があふれている」「防災無線の内容を教えて」など71件の問い合わせがあった。

 がけ崩れは7件で、砂押川の泉橋では、護岸が崩落。同橋上は片側通行の処置が行われている。また、鎌倉海浜公園水泳プールの隣接する崖地が崩落し、安全が確認されるまで50mプールなどの利用が制限されている。

 市総合防災課は、「梅雨末期に大雨が降ることが多い。注意してほしい」と呼び掛けている。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

今泉地区で好評「健康バー」

今泉地区で好評「健康バー」 社会

清水直道さんが開発

9月17日号

大河通じた鎌倉PR開始

大河通じた鎌倉PR開始 経済

Web「観光公式ガイド」で

9月17日号

「銅」伊藤槙紀さん凱旋

パラ卓球

「銅」伊藤槙紀さん凱旋 スポーツ

「パリでもメダル」目指す

9月10日号

司書の採用求め署名提出

司書の採用求め署名提出 文化

市民団体「ととも」が市へ

9月10日号

所蔵「刀剣」半世紀ぶり展示

鎌倉文華館

所蔵「刀剣」半世紀ぶり展示 文化

国宝6点 ARも駆使

9月3日号

42年越しの快挙

七里ガ浜高

42年越しの快挙 教育

吹奏楽部が初の東関東へ

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook